無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 28日

ガソリン生活

主人公は緑デミこと、望月家の緑色のデミオ。
この本の中では車たちがおしゃべりをし、噂話をする。
人の話を聞いているが当然話しかけることはできないし、水からいきたいところに行けるわけでもない。
だから普段の緑デミは望月家の駐車場で向かいの細見さんちのカローラGTの”ザッパ”とおしゃべりするか、周りを眺めて過ごすだけ。
そんな望月家と緑デミが、元女優で仙台の有名人山崎翠のダイアナ妃の事故を彷彿させる事故の真相に迫る。同時に街の悪党たちの死体運びにも巻き込まれてしまう。

車目線で語られるミステリーという設定が面白い。車たちも個性的であり、車種によるキャラも感じ取れて車好きならおもしろさが増してくる。

ガソリン生活

伊坂 幸太郎 / 朝日新聞出版

スコア:


[PR]

by kfuk | 2013-06-28 23:42 | BOOK


<< 区切り遍路 今治遠征      五十番 繁多寺 >>