無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

輪抜けさま

大祓式あるいは夏越の祓と呼ばれるお祭りに行ってきた。
各所の神社で行われているようで、高知市だと潮江神社が一番なのかな。
しかしうちから比較的近い土佐神社でもなかなかの人の入り。

f0190009_2149349.jpg

f0190009_21501217.jpg
アートフィルター>ファンタジックフォーカス
f0190009_2150491.jpg
参道が灯篭で照らされていて幻想的だった。
f0190009_220195.jpg


境内に茅で作られた輪を3度くぐることで知らず知らずのうちに犯している罪・穢を祓い清めるという。このことから輪抜け様と呼ばれているようだ。
f0190009_221284.jpg

f0190009_2215882.jpg


出店もたくさん出ていた。
f0190009_2235329.jpg
アートフィルター>ポップアート
f0190009_2241121.jpg
アートフィルター>ドラマチックトーン効果薄かった。
f0190009_226587.jpg

[PR]

by kfuk | 2012-06-30 22:02 | DIARY
2012年 06月 27日

トウモロコシ

久しぶりにとうもろこしをゆでた。

2年前はショージで100円切ってたのをよく買ってたのだが、高知に来て初めて99円のを見つけた。
ゆで方はガッテン流に従い水からゆで始め、沸騰後3分ですぐに引き上げる。

美味い。

f0190009_20593134.jpg
アートフィルター>トイフォト
[PR]

by kfuk | 2012-06-27 21:00 | DIARY
2012年 06月 25日

UNSTOPABLE

危険な薬品と大量の燃料を積んだ列車が無人のまま暴走。
このままでは都市部で脱線してしまう。

そこで偶然同じ線路内を走行していた機関車に乗っていたベテラン機関士と新米車掌が住民を守るため独断で暴走機関車の牽引に向かう。

いわゆるディザスタームービーなわけで人為的原因に偶然が重なってトラブルが起きて、主人公たちの活躍でそれが食い止められるという映画。
冒頭で実際に起きた事件から着想を得たということを告げることにより、現実にも起こりうるという意識を植え付けたのかもしれない。

映像の迫力はあったが、主人公たちの活躍というのはそうでもなかったかな。

アンストッパブル [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


[PR]

by kfuk | 2012-06-25 00:29 | MOVIE
2012年 06月 19日

台風4号

6月に台風が上陸するのは8年ぶりとのこと。
四国に上陸する恐れもあったが四国沖を通過。

午後からまず雨がひどかった。
しばらくして風も強まった。

そのうち帰宅命令が出るものと期待してた。
今日に限ってボスは出張。
朝から来ていた学生には帰っていいと言っておいた。
事務、図書室、購買いずれも13時で閉まった。
職員にも自らの判断で早期帰宅してもいいと掲示は出た。

それも夕方には急速に天気は回復した。
f0190009_20505495.jpg


いつでも帰る気まんまんだったし、ボスもいないということで、今日は早々に帰った。

f0190009_20523697.jpg
バイクは先週から当分こんな感じで停めっぱにしとこうと思う。少なくとも次の台風まで、ともすれば梅雨明けまで。
先週末は思いがけず晴れたので、原付でここまで来て、バイクに乗り換えてツーリングに行ってきた。

写真はいずれも携帯電話。
[PR]

by kfuk | 2012-06-19 20:58 | DIARY
2012年 06月 18日

からくりサーカス

「うしおととら」は好きで何度も読んでいるのだが、これは途中までしか読んでいなかった。

はじめは幼くただ守られるだけの存在だった勝が、途中からすっかり変貌する。

仲町サーカス、砂漠のテント、アメリカ、黒賀村、モンサンミッシェル、シベリア、宇宙ステーション、そして過去、どの場面も大事で面白い。
そして味方の登場人物たちがみんなかっこいい。なかでも自動人形のアルレッキーノ、パンタローネ、コロンビーヌは特に印象深い。
なんならナルミよりもかっこいいとすら思える事もある。
しかしついに勝とナルミが背中合わせで共闘するところは鳥肌が立った。

からくりサーカス (43) (少年サンデーコミックス)

藤田 和日郎 / 小学館


[PR]

by kfuk | 2012-06-18 00:57 | BOOK
2012年 06月 17日

EE-3 蔵出し 〜国道494号線

やばいと言われる四国の3桁国道。酷道とも言われる。
岩屋寺からの帰り道にあえてこの道を通ってみた。
f0190009_0495056.jpg

f0190009_0501268.jpg

f0190009_0503287.jpg
ほとんどが1車線か1.5車線。集落では生活道路。バイクだったから気軽に通ったが、車だったら絶対行きたくない。
一方で酷道通のあいだで通称ヨサクとされる国道439号線はトンネル化されたり道幅も広くなり酷道の面影はほとんどなかった。
[PR]

by kfuk | 2012-06-17 00:55 | PHOTO
2012年 06月 15日

四十五番 岩屋寺

四十五番 岩屋寺
f0190009_053612.jpg

駐車場から売店のある参道を登ると山門。
f0190009_065231.jpg

f0190009_011010.jpg

ここからの山道がかなりしんどかった。
f0190009_0114499.jpg
すごいところに建っていた。まさに岩の屋根にがそびえる寺だった。

f0190009_0141417.jpg

f0190009_0145587.jpg
この2枚はわかる人だけがわかる、路面が凍ってて大泉さんが滑り降りたのってたぶんここ。

この日はここまで2寺。15/88
[PR]

by kfuk | 2012-06-15 00:21 | PHOTO
2012年 06月 13日

四十四番 大宝寺

四十四番 大宝寺
f0190009_23534625.jpg
今回のカメラはEE-3。
f0190009_23574514.jpg


四国西部はすっ飛ばして、国道33号線を利用して愛媛県久万高原にある2寺を目指した。
大宝寺は国道から入ってすぐのところにあった。
道は途中から未舗装。
f0190009_005470.jpg
ここをバスも自家用車も通る。
山門の写真を撮ろうとバイクを停めたら、足元がゆるくて立ちゴケしてしまった。
f0190009_001936.jpg

f0190009_03986.jpg
こじんまりとしたいい感じのお寺だったが、バスツアーとかち合って人で混み合っていた。

ここから次の岩屋寺に向かう。
[PR]

by kfuk | 2012-06-13 00:25 | PHOTO
2012年 06月 12日

ラフティングの写真

購入品から
f0190009_0565929.jpg

f0190009_15182.jpg

f0190009_102220.jpg

f0190009_05920100.jpg

[PR]

by kfuk | 2012-06-12 01:00 | PHOTO
2012年 06月 10日

キャンプ&ラフティング

研究室の男8人、土日でキャンプに行ってきた。
先週ずっと咳が出てしんどかったのだが、土曜の朝にはだいぶマシになったので参加した。

土曜のお昼に出発し、目的地は吉野川流域、大歩危、小歩危、かずら橋などがある祖谷渓のキャンプ場。
f0190009_21591656.jpg

f0190009_21593927.jpg


夜はバーベキュー。それから花火。

f0190009_21452550.jpg
こうやってデジカメの夜景モードや花火モードなどの長時間露光で時を書くのをやって大いに盛り上がった。
f0190009_21462197.jpg
デジカメはみんな持っていくだろうと思い、今回はEE-3を持って行っていたので長時間露光できず。

今日の分の写真はまだフィルム撮りきってないのでいずれ。

ラフティングは半日コースで約2時間。
めっちゃ楽しかった。
ぶっちゃけ淡路から来たという女の子二人組と同じボートだったので楽しかったというのはかなりある。
ガイドさんが撮ってくれた写真を買ったのでこちらもそのうち上げるかも。
[PR]

by kfuk | 2012-06-10 21:59 | DIARY