無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 30日

図書館革命

図書館戦争シリーズ最終巻。

原発を目標としたテロ事件が発生。テロはすぐに鎮圧された。
しかしそのテロがとある小説の内容に酷似していたことが判明。メディア良化委員会はその小説を差し押さえようと、さらにはその作者である当麻氏の身柄をも確保しようとしていた。当麻氏は図書館に逃げ込み、当麻氏を巡る戦いが始まった。

ますます恋愛小説と化してる。見事な大団円を迎えた。

あと別冊としてスピンオフが2冊あるらしいのだが、そっちはれっきとした恋愛小説らしいので読むかどうかは未定。

図書館革命

有川 浩 / メディアワークス

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-10-30 02:44 | BOOK
2011年 10月 25日

2011ぺナント閉幕

今日のカープの神宮での試合で、今季のペナント閉幕。
開幕前に予想していたのだが、これはひどいわ。当たったのベイスターズの最下位だけ。
カープは3位にしていたが、結果、今年も5位。
マエケンはさすがに昨季ほどは勝てないだろうと思っていた。せめて黒星が白星を下回ってほしかった。バリントンはうれしい方の誤算。篠田は一時的にいい時があった。ルーキーの福井がローテーション守れたのはよかった。過去そうやって1年目だけで終わった投手も多いのでそうならないことを願う。問題はベテラン投手たちだな。大竹、永川なにしとんか。
野手の方は丸が躍進。外野は出入りが激しかったな。全体的にもっと盗塁が増えるといいと思う。栗原は後半良かった。あとは外国人がなあ。

個人的にはマツダスタジアムには一度も行けなかったが、松山で公式戦見れたのは良かった。
[PR]

by kfuk | 2011-10-25 22:39 | SPORTS
2011年 10月 22日

謎解きはディナーのあとで

今季テレビドラマ化されており、いま最も注目されている本のひとつであろう本があっさり借りれてしまうのが大学の図書館の分館なわけだが、ベストセラー扱いということで5日間の貸し出しだった。しかしながら1話完結の短編集であり、1話あたり30分程度で読めるので問題なし。

構成はドラマの番宣で広く知られることになったと思うが、実は財閥総帥の娘である宝条麗子が主人公。上司は御曹司丸出しのエリート風祭警部。麗子の話だけをもとに事件の真相を推理するのが宝条家執事の影山。ミス・マープルに代表される安楽椅子探偵のジャンルに含まれる。

トリックとしては稚拙というかありきたりであり、真相にたどっていく道筋もそれなりになるほどとは思うが驚くほどのものは見当たらない。この本が本屋大賞をとるに至った魅力は風祭と麗子、麗子と影山のやり取りがそのほとんどだと思う。ミステリーとしては二流以下。ただただキャラクター本。なので星一つ。

謎解きはディナーのあとで

東川 篤哉 / 小学館

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-10-22 12:50 | BOOK
2011年 10月 19日

図書館危機

全4作のシリーズ中3作目まで読了。

図らずも王子様の正体を知ってしまったがために、ますます恋愛小説化してきたな。いや郁の周囲も気づけば主要人物同士で全員がそれなりの形でくっつくのか。

起承転結の結に向けての転にあたるわけで、手塚兄と未来企画が外から工作しているらしいというのが見えてきたり、これまで隊員たちを引っ張ってきた司令が引退、隊長も負傷してしまった。いよいよ次巻でクライマックスを迎えるのだろう。今作が"危機"だったのが自作は"革命"となる。図書館革命となればいかにも未来企画側の目的が果たされるかのようなのだが、それでは完結とはならないだろう。この作者のやり方なのかタイトルや章題である程度中身を推測させておいて、裏切ったり裏切らなかったりが多い用に思う。

図書館危機

有川 浩 / メディアワークス

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-10-19 10:50 | BOOK
2011年 10月 07日

マツダ、ロータリー車生産終了へ

経済総合 - マツダ、ロータリー車生産終了へ 1967年からの歴史に幕


これは、まじかよ。
いずれその時が来るとは思っていたが、やはりショックだ。

マツダはしばらくはスカイアクティブ技術で既存のレシプロエンジン車の燃費を向上させ、販売につなげていこうという流れなんだろう。その後はトヨタとの技術提携でハイブリッド化していくのかな。

しかし、REの生産終了のニュースはこれが初めてというわけでもない。FD型の7が終了し、8が出るまで約1年間、RE車売ってない時期もあったわけだから、1年後新たなRE搭載車が出るものと信じたい。
それまで、と言うよりも8が動く限りは、8を大事に乗っていこうと思う。
[PR]

by kfuk | 2011-10-07 16:07 | TOPIC
2011年 10月 04日

図書館内乱

図書館戦争シリーズだが、アマゾンあたりで紹介文見ないと順序が分からない。
とりあえず第2段まで読了。

起承転結だと承にあたるわけで、今後に広がりを持たせる内容だった。

今後も大きく関わってきそうな手塚兄や、柴崎の立ち位置や内面も見えてきた。
そしてついに王子様の正体が・・・。

当面、貸し出されないうちは、一日数ページずつ読み進めていく予定。

図書館内乱

有川 浩 / メディアワークス

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-10-04 23:15 | BOOK