<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

あらびき団終了

エンタメ総合 - 「テレビから消える芸人も......」『あらびき団』終了でネタ番組はどうなる?


また一つ好きな番組が終了した。

ネタはまさにあらびきそのものといった感じのものが多かったが、ネタの最中であろうとぶった切るような編集の手法と、ライト東野レフト藤井の辛辣な評価こそが笑いどころだったような番組。

最近だと、「ものまねせえ」、「解散すんぞ」って言う年の差コンビ名前忘れた、あと二丁拳銃・修士の嫁、あたりが面白いと思っていたのだが、あらびき団以外で見ることあるだろうか。
[PR]

by kfuk | 2011-09-29 09:58 | TOPIC
2011年 09月 24日

重力ピエロ

もちろん原作本は読んでいて、映画で振り返ってみた。

泉水がたしかDNA鑑定をするような会社の社員だったのが、遺伝子系の研究室に通う学生になっていた。
渡部篤郎が悪役かあ。最近の若い人たちは「ケイゾク」とか言ってもわかんなかったりするんだよなあ。

多くの人がそうであったように、原作本を読んでいたからこそそれぞれの心情や背景が映画で描き切れていなくても、それを踏まえた表情として捉える事が出来て、思い入れ深く見ることができた。映画だけを見た人が同じ様に見てとれるものかどうかはわからない。

結末についてはやはり賛否あるんだろうけど、おれはあれでいいと思うし、ある兄弟の、家族を描いた映画だと思う。血が繋がっていようといまいと強い家族だと思う。

重力ピエロ 特別版 [DVD]

角川エンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-09-24 01:21 | MOVIE
2011年 09月 13日

パラドックス13

大阪までのバス車内で読み切った。車酔いしないか賭けではあったが、酔わなかった。

総理大臣官邸では総理らがJAXAの研究員の報告を受けていた。3月13日13時13分にブラックホールの影響でP-13という現象が起こるという。要するに13秒間ずれるらしい。しかし時計から何からすべてずれるのでそれに気づくことはないという。しかし具体的にどのような現象が起きるか誰にも分からないため、関係各所にその時間帯だけ危険な作業を中断し、危険な場所から離れるよう通達だけされた。
一方、警視庁の誠哉らは強盗犯グループの確保に向かっていた。所轄署に所属する誠哉の弟冬樹も乱入することになる。その捕物の最中にP-13を迎える。その瞬間、車を運転していた人間は消え車は暴走していた。周りも誰もいない。警察官の兄弟、大食いのフリーター、女子高生、老夫婦、建設会社の専務とその部下、シングルマザーとその娘、看護師、生後半年の赤ん坊、そして最後にヤクザが加わる。その13人だけが集った。地震、大雨、病気などが次から次へと彼らを襲う。

地球にあるいは彼らに何が起こったのか、というのがミステリー要素ではあるが、それ以上に13人の人間ドラマに重きを置いている。「CUBE」、「LOST」、「漂流教室」、「ドラゴンヘッド」などと似た位置づけにある。

面白くって、時間もたっぷりあって一気に読むことができてよかった。

パラドックス13

東野 圭吾 / 毎日新聞社

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-09-13 13:00 | BOOK
2011年 09月 12日

図書館戦争

2007年の本屋大賞の5位であり、いまだに市の図書館の貸し出しランキングに乗っている本が大学の図書館だと予約もなしに借りれてしまう。

読み終わってから、ほかの人のレビューでも見てみようかと検索してみたら、どうやらアニメ化までされてるらしいな。テレビドラマ化された「フリーター、家を買う」も同じ作者らしい。人気が続いている理由はそこにあるのかな。

近未来の日本、「メディア良化法」が施行され、さまざまな本が本屋から没収されていく。世の中の本を守る役割として図書館が立ち上がる。武装した防衛組織、図書隊を組織した。
主人公は運動神経抜群の笠原郁。女性初の女性隊員の選ばれる。

アニメ化されたと知ってしまうと、なるほどラブコメ的要素あり銃撃戦ありと若年層向けなのかな。シリーズ化してるみたいだし一通り読むかな。

図書館戦争

有川 浩 / メディアワークス

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-09-12 23:22 | BOOK
2011年 09月 11日

心斎橋

たっちゃんの結婚披露宴に大阪まで行ってきた。
バスは朝10時半に出て、到着予定は15時過ぎだったのだが、乗客全員の降車が梅田だったので神戸などの降車位置ををすっとばして14時半には梅田についた。ふっちー、石田、かたっちょが大阪駅にいると知ったのだが大阪駅の再開発がほぼ出来上がっており、人も多く合流できる気しなかったので一人で宿泊用のホテルに向かった。

披露宴は17時からで、それまでホテルでしゃべってた。まさかの3人部屋。
いつものめんつであいかわらず楽しい。2次会まで行って、3次会としてはホテルのおれらの部屋に揃ってやっぱり延々しゃべってた。

で今日はだいたいみんな新大阪から帰って行ったのでおれも新大阪までついていって、最後にかたっちょを見送ってから梅田に戻って帰りもバス。前の晩あまり寝てなかったおかげで、半分は寝てた。

次はるんるんの4.14大阪だな。
[PR]

by kfuk | 2011-09-11 21:54 | DIARY
2011年 09月 04日

幕末維新傑作選 最後の武士道

陸奥宗光、西郷隆盛、新撰組隊士など幕末に活躍した人々を描いた小説短編集。

いずれも実在の人物を主人公にしているわけだが、それぞれのエピソードが必ずしも史実というわけではない。そこにチャンバラ的味付けをしてあって、読み進めるほどに面白かった。

中で面白かったのは、新撰組で成りあがろうとした若侍を描いた「死に番」かなあ。

筆者の刀剣へのこだわりとか、新撰組と、新撰組に敵対する薩摩藩との両方に対して愛着を持っているのが見てとれるような選出だと思った。

幕末維新傑作選 最後の武士道 (集英社文庫)

津本 陽 / 集英社


[PR]

by kfuk | 2011-09-04 14:03 | BOOK
2011年 09月 02日

W杯アジア3次予選、対北朝鮮

サッカー - 日本、W杯予選北朝鮮下す 吉田の決勝点で劇的勝利

スポーツと政治は別とわかってはいても、相手が北朝鮮ってのは心中穏やかでない。

いろいろ言ってしまいたいこともあるが、ここはぐっとこらえて、結果として勝ててよかった。
[PR]

by kfuk | 2011-09-02 22:31 | SPORTS