無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

RX-8 後期型TypeRS

昨日は車検の予約をしていたのに、その時間まで寝坊してしまい、ディーラーからの電話で起きてしまった。

車を預けたら、担当者に今8の試乗車があるので乗ってみないかと誘われた。おれの8は前期型のタイプS。試乗車というのは現行の後期型で最上級のタイプRS。せっかくなので乗らせてもらった。

以下はその感想。
まずレカロのセミバケはさすがに窮屈に感じた。キーを回そうとしてまずクラッチが軽い。こりゃあ渋滞でも楽だろうな。シフトのゲートが広がってたから1や2、5や6に入れるときにはしっかり左右に振ってから前後に押し込む感じ。おれのシフトは慣れもあるだろうけど4から5とか滑らかに入る気がする。メーター周りはすっきりなってて何か物足りない。エアコンの液晶で外気とエアコンの設定温度が別々に出るのはいい。あとオートライト、オートワイパーがかなりうらやましい。高知道も山陽道もトンネル多いからなあ。最後に車庫入れしようとしてリバースが逆になってるのに初めて気づいた。前期型はニュートラルで真下に押し込んで6速のゲートがRになる。後期型では押し込んで2速がRだった。押し込み損ねたとき6速だとエンストするだけだけど、2速だったら前に進んじゃうんじゃないか。エンジンとか足回りの違いは短時間街乗りしただけではわからなかった。
レカロのシートとオートワイパーは欲しい。レカロは入れられてもオートワイパーは不可能だろうな。
外観はやっぱり前期型のほうが好き。

そして代車はスピアーノ。スズキラパンと同型。デミオを期待してたんだが残念。オートマだけどエンジンかけるときだけブレーキを左足で踏んでしまう。ハンドルは径が大きく、切り出しも遅く、大目に切らないといけない気がする。しかし車庫入れでは小回り利くのでついつい切りすぎて戻さないといけなくなる。上りはきついんだろうけど普段ほとんど平地だから、加速もそこまで良くもないけど悪くもない。室内は8よりもはるかに広い。見晴らしもいい。乗り続けてたらこれでいいって気になるかもね。

自分の車と比べて新しいものと方向性の違いものと2台に乗ることができた。新しいものは当然よくなっている部分が多い。方向性が違えば自分の車にはない良いと思える部分に目が行く。とはいっても帰ってきさえすれば自分の車が一番いいはず。
[PR]

by kfuk | 2011-05-30 15:38 | DIARY
2011年 05月 30日

県民大会予選

土曜日またしても西条に行ってた。
県民大会の予選一回戦でフロンターレがフリスタと当るとなれば行きたくなった。午後から試合だと平日より遅く起きれるぐらいのはずだが台風接近に伴う雨のことも考えて早めに出た。四国山地を超えるまでがけっこう怖かった。スローペースにはなったが会場づくりぐらいに着くことができた。

フロンターレも結構人数いて、フリスタのほうも懐かしい面々がそろっていた。試合は前半は競っていて出番なかった。出ないと決めたら汗かきたくなかったんで最後まで出ないでおこうと思ったのだが、点差がついた終盤にフリスタが旧来メンバー5人にしてきた。そりゃあ出るしかないよなぁ。

夜にも練習試合を予定してたらしいけど、雨の夜に変えるのは嫌だったし、とんぼ返りすればこっちでの練習にも出れそうだったので、負けオフィシャル手伝わずにとんぼ返りした。

天気悪かったしぎりぎりまで行こうかどうか迷っていたのだが、行ってよかった。
高速1000円が残り1か月で終わりとなるとこれまでのように気楽に西条まで行けなくなる。秋のリーグ戦も行けるかどうか。酒祭りもかねて行きたいとは思っている。
[PR]

by kfuk | 2011-05-30 15:07 | DIARY
2011年 05月 27日

マリアビートル

この本を読もうとする人は、先に「グラスホッパー」を読んでおくことを強くお勧めする。
「グラスホッパー」は読んでたんだけど、忘れてる部分が多いので読み直そうかなあ。
同じく殺し屋たちの話で「グラスホッパー」に登場していた人物がここでも登場したり、会話の中で名前が出てきたりする。

木村、王子、七尾、檸檬と蜜柑を中心に、東北へ向かう新幹線という密閉空間の中で、さらに多くの殺し屋たちも関わりあいながら、一人また一人と殺されていく。

登場人物はそれぞれ個性的でよかった。
序盤はそれぞれがそれぞれで話が進んでいくのが、次第に絡み合い面白くなっていく。
伏線だと思ったら、そうではなくさらに別の伏線が張られていたり。伏線を期待する読者と、その期待を知りつつ伏線を張っていかなければならない作者と追いかけっこだな。

マリアビートル

伊坂 幸太郎 / 角川書店(角川グループパブリッシング)

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-05-27 14:22 | BOOK
2011年 05月 20日

釣り

研究室内のあるグループは月に数度海にサンプリングに行っていて、その時に釣りしたりもするそうなので、いつか連れて行ってくれと言っておいたら、昨日突然誘われた。

朝5時45分集合で、大学から20分ぐらいのところで釣り。サンプリングの準備があったり、餌買ったり、始業までには戻らないといけないので実質1時間ぐらいしかできなかった。

実は釣りなんて久しぶり。堤防での釣りといったら小学校3年生ぐらいの時以来。狙いがその時と同じアジゴやサバゴ。二十うん年ぶりで道具も知識も持ち合わせてないので手とり足とり面倒見てもらった。

結果、アジゴでもサバゴでもない何かを1匹釣った。
f0190009_2329941.jpg

釣れた瞬間って楽しくなる。これが釣りの魅力か。一匹釣れるともう一匹釣りあげたくなる、がそううまくはいかない。
まあ、一緒に行った全員が一匹は釣れたからよかった。
[PR]

by kfuk | 2011-05-20 23:33 | DIARY
2011年 05月 17日

誇り

前述の「ジーンワルツ」から一転、こちらは警察もの。
警察ものを得意とする3人の作家の短編集。

盗犯係のベテラン刑事が強盗事件の真相に挑む一話目。元警官で幼稚園のバスの運転手が、子供の送迎で見かけた光景から、思わぬ事件を炙り出す第二話。代議士の汚職の捜査中に捜査情報漏えいの可能性が。誰が情報を漏らしたのかを追及する第三話。

いずれもベテランかすでに退職した警官が主人公。すぐれた洞察力と経験で事件の真相に迫っていく。主人公は似通った印象を受けるが、筆者が違えば作風も違うわけで、バラエティーに富んだ三作となっている。短編らしく簡潔にできており、気楽に読めて、それぞれに楽しめた。

誇り

今野 敏;東 直己;堂場 瞬一 / 双葉社

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-05-17 12:13 | BOOK
2011年 05月 16日

Angels & Demons

「ダヴィンチ・コード」の続編。前作は原作本を読んでからの鑑賞だったが、本作は未読での鑑賞。

<ネタバレ注意報>
ローマ法王が亡くなり、新たな法王を決めるコンクラーベを前に4人の枢機卿がさらわれ、さらに莫大なエネルギーを生む反物質も奪われた。その犯人がイルミナティーを名乗っていることから宗教紋章学の教授であるラングドン博士にバチカンからお呼びがかかるというもの。
もっとイルミナティーについてや、ベルニーニや4元素についてのうんちくなんかもあっていいかなあと思ったがそっちは原作を読めってことかな。

教皇に使えるカメルレンゴ役にユアン・マクレガー。ユアン・マクレガーといえばほとんどオビワン・ケノービのイメージ。反物質が爆発しそうになり、それをもって出て行こうとするあたりはさすがオビワン!とか思ったが最後はベイダーだったな。

伏線とその回収の段取りがスムーズすぎる。

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-05-16 12:32 | MOVIE
2011年 05月 09日

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、序盤は仕事して、中盤、バーベキューに参加したり、あちこち買い物行ったり、家の片づけをしたりのんびりできた。終盤、つまりこの週末があわただしかった。

土曜日は西条にバスケしに行った。月末に行われるトーナメントでの新ルールの一部適用に向けての審判講習会向けの模擬選に出させてもらえるということだったので昼過ぎに着けばいいぐらいだったので余裕をもって行けた。途中でオイルのインジケーターが一度点灯したので西条のマツダでオイル交換できるぐらい余裕で着いてしまった。

審判講習会にでるわけではないが遠くから説明を聞いてた。主な変更点は24秒ルールの変更だろう。フロントコートでのスローインシチュエーションで14秒以上の場合は継続。14秒以下の場合は14秒に戻す。あとはバックパスの細かいとことか、スローインからのタイマーの開始の変更などなど。3Pラインやペイントエリア、ノーチャージセミサークルなどコートのデザイン変更を必要とするルール変更は当分対応できないようだ。

でゲームは当初聞いていたのと違って、我々チームは4人しかおらず、結局混成チームになった。2試合とも負けはしたが、模擬戦だし勝ち負けは重要でないし、楽しかったからよかった。

晩飯は石田とよりみちに行った。高知でも広島風のお好み焼き食べることあるがやっぱりよりみちがうまい。

その日のうちのしまなみ海道で松山に移動し、道後温泉で一泊。
翌朝、カープファンではないが野球が見たいというので誘っておいた連中と合流し坊ちゃんスタジアムでのヤクルト対カープ首位攻防戦を見に行った。

天気良過ぎて暑かった。三塁側は正面から日が当たる。屋根のある最上部に逃げた。内野でよかった。

先発はここまでいまいちのマエケン。ランナーは出すが要所で三振を奪うなど粘りのピッチングで6回1失点。決して調子はよさそうではなかった。一方打線は序盤に3点を挙げるところまではよかったが、ヤクルト先発の増渕が尻上がりに調子を上げてきて追加点が取れそうにない。そして7回の攻撃先頭のマエケンのところで代打石井琢朗。えーっていうのと歓声と同程度のように感じた。結果、中継ぎが追いつかれ引き分け。それもワイルドピッチによる同点、ノーアウト満塁で1点も取れないというから勝ちを逃したと言ったところか。まあ松山での首位攻防戦1勝1分けと思えばいいのか。

大急ぎで帰ってバスケの練習。前日の2試合分の疲労は当然残っていて、全然走れなかった。途中から20人超えたからAコート、Bコートに分けてからはずっとBコートでやらせてもらった。練習後ガストに行って0時過ぎまでしゃべってしまった。おかげで今日はしんどい。
[PR]

by kfuk | 2011-05-09 12:03 | DIARY
2011年 05月 04日

ジーン・ワルツ

海堂尊は映像化されたものは見たことはあっても、本で読むのは初めてだった。
医療サスペンスというのがちょっとハードル高そうに思うところはある。
移動図書館という縛りの中で借りたわけだが、さすがにベストセラー作家だけあって、思いのほかすんなり読めた。

内容は産科医療の現状であったり問題提起であったり。クールウィッチとも呼ばれる顕微鏡下体外受精のエキスパート曽根崎理恵助教が閉院間際の産婦人科で5人の妊婦を診ている。その中に代理母出産の妊婦がいるとのうわさが立つ。

現実での代理母出産の問題といえば、高田延彦、向井亜紀夫妻が公表したうえで海外で実行した結果、認められないという事例が有名。原則禁止されているらしい。

この本もすでに映画化されている。さらには同じ事件を別視点で描いた「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されている。この本を読んでる最中にドラマが始まったので、ドラマは見ずに撮りためている。本を読み終えたのでここまでの分を一気に見てしまおう。

ジーン・ワルツ

海堂 尊 / 新潮社

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-05-04 13:04 | BOOK