無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 27日

島杯

2週連続西条に行ってしまった。

先週が月曜磯松バスケ部がフロンターレとしての市の大会初陣。
見届けたいという思いで朝から瀬戸大橋を猛スピードでかっ飛ばして駆けつけた。勝ち負けあんま考えてなかったので、勝ったら翌週も試合があるということを全く失念していた。新旧メンバーの活躍により1回戦勝利。

そして昨日もまた瀬戸大橋を猛ダッシュ。先週よりこちらの戦力はダウンしていたといわざるを得なく、相手も悪かった。

おかげでよりみちでお好み焼き食って、ラボの後輩にも会って、高知にはないデオデオに行ったり、アウトレットになったベスト電器に行ったり、西条を満喫できた。

結果1勝1敗と考えれば上々のデビュー戦と思うよ。

次は県民大会の予選だっけか。出たいと思ってますので登録お願いしますよ、川崎さん。

f0190009_18561967.jpg

[PR]

by kfuk | 2011-02-27 11:02 | DIARY
2011年 02月 14日

アフタースクール

大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人と好きな俳優、大泉さんはマルチタレントとして好きなわけだが、こんな3人が主演している映画だが、公開時には全然知らなかった。2008年何してたんだろ。
そのことが、この映画を見るにあたっては予備知識も何もない状態でよかったと思う。ここではネタバレしないので、ぜひ一度目は予備知識なしで見てほしい映画だ。そしてDVDには大泉さんと内田監督の解説というかなんというか、とにかく”副音声”も収録されているので二度目はそちらでも楽しんでほしい。

堺雅人といえば、井坂幸太郎原作の映画化作品に多く出ている印象があって、そのせいか、この映画もどことなく井坂作品のような感じがした。

序盤の木村を追いかけていく過程から、ある瞬間混乱に陥れられ、終盤気持ちよくとんとん拍子に謎が解説されていく。
最後の落としどころもいいね。

中学の時の友達と、今この歳になって助け合えるかと考えてみると微妙。

アフタースクール [DVD]

メディアファクトリー

スコア:


[PR]

by kfuk | 2011-02-14 09:56 | MOVIE
2011年 02月 13日

塚原卜伝

こちらに来て読書量は減っているものの図書館で本は借りている。図書館に行かなくとも移動図書館というものが月に一回周ってくれていて、我が家近辺の停泊地というのがうちのアパートの駐車場という好条件。一応リクエストはできるのだが、かれこれ3ヶ月たっても届く気配はない。とまあただ読みたいものを借りるのもいいが、ある程度限られた物量の中から選んで借りるのも、思わぬ出会いがあって面白い。

前回移動図書館が来たときに目に留まったのは塚原卜伝関連が2冊があった。名前と戦国時代初期の剣豪の一人、つまり宮本武蔵とか、柳生とか良く知られる剣豪より一昔前の存在だということは知っている。

「卜伝」のほうを先に読んだ。こちらは卜伝の成長に沿って室町幕府後期の時代背景などとも絡ませながら話は進んでいく。足利家とかの争いが煩わしいのですっ飛ばしたりした。

卜伝!

小島 英記 / 日本経済新聞出版社

スコア:



一方「十二番勝負」の方は卜伝の生涯の十二番に絞って描いてあって読みやすかった。

塚原卜伝十二番勝負 (PHP文庫)

津本 陽 / PHP研究所

スコア:



たぶん後の剣豪たちと比べ伝説的存在に近いものがあるし、小説なわけでこの2冊だけでも相違点はある。それでもそれぞれ久しぶりの歴史小説として面白かった。
[PR]

by kfuk | 2011-02-13 00:04 | BOOK
2011年 02月 06日

大山

2年ぶりのボード。大山に行くのは12年ぶり。当時まだボードはやったことなく2度目か3度目のスキーだった。

独りで夜行バス。友達も彼女もいませんが何か。
駅の近くのコインパーキングが24時間500円と格安だったのでそこに停めた。結果帰ってきたら900円だった。
さすがに友達同士やカップルばっかりだった。
まあまあ寝れた方かな。
朝早く着くのでリフト一番乗りできた。
f0190009_158286.jpg

ほぼ初めてに近くコースがわからなかったのでコースマップを見ながら滑ってた。いちばん長いセンター4リフトが一時点検で停止して一度しか乗れなかったし、周りのリフトにも影響が出たようだった。
個人的には完全に整備されたゲレンデよりも自然な未圧雪が残されてる方が好きなのだが、予想に反してほとんどきれいに圧雪されてた。それでも9番リフトに向かう連絡通路が緩斜面ではあったが未圧雪で残っていてそこが楽しかった。
ただ2年ぶりにはいたブーツが痛かった最初の1時間でいったんブーツ脱いで休憩したらだいぶましになった。

バスは5時出発だったが近くのホテルの入浴券もセットになっていたので3時半には切り上げて風呂入って、たっぷり休んでからバスに戻った。

リフト一番乗りの優越感は得られないが、次回からは朝発でもいいかなあ。
[PR]

by kfuk | 2011-02-06 01:58 | DIARY
2011年 02月 03日

笑ってはいけないスパイ

毎年恒例ガキ使の笑ってはいけない。

6時間もあるのを大晦日にみんな見てるのだろうか。
今回はブルーレイに焼いたのと携帯でワンセグを録画したのとをちょくちょく見て、ようやく今日見終わった。
今回もおもしろかった。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13211370
感想はほぼ総統のおっしゃる通り。
[PR]

by kfuk | 2011-02-03 20:41 | DIARY
2011年 02月 03日

雪山

f0190009_052594.jpg

見えるかなあ。
天気がいいと職場の廊下から遠くに白く雪をかぶった山が見える。たぶん四国の最高峰剣山。こんなの毎日見てたらそりゃあ滑りに行きたくなるわけさ。

思えば昨季は一度も行ってない。2シーズン前にしても一人道後山で午前券1回きり。それ以来袋に入れっぱなしだったのを昨日出してみたところ問題なさそう。

ただし現状では自力で行くにはバスしかなさそう。
四国のスキー場も今年は雪あるようだがスタッドレスでもない8で行くのは無理。
広島のスキーヤー、スノーボーダーの皆さま、誘ってください。
高知からのバスツアーは信州方面もあるがいちばん近いのは大山。夜行と朝発とあるが効率いいのはやっぱ夜行なんだよなあ。ただやっぱ夜行は怖いなあ。ウェアで行ってウェアで帰るのが楽なんだけど、下にCW-Xとかアンダーアーマー着こんで行くのはしんどいかなあ。
それに原付の修理とか不慮の出費もあるしなあ。

でも行くなら今週しかない。来週は連休で人多そうだったりするし、再来週は出るかでないか抜きにして島杯に西条に行くつもりだし。

というわけで、この記事を書きながら別窓で申し込みしちゃった。
[PR]

by kfuk | 2011-02-03 01:08 | PHOTO