<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 26日

住所録

去年はくそ忙しくて年賀状書けなかった。
今年は引っ越したこともあり、近況報告も兼ねて各所に送らないといけない、と思って準備してた。

前述の通り、ずっと使ってきたノートパソコンが壊れた。そのパソコンでは筆王というソフトがプリインストールされていたのでそれを使って住所録を作成していた。壊れたパソコンからハードDは回収していたので、そこから住所録は回収できるだろうと思っていた。筆王はなくても住所録はエクセル形式で開けるはずだった。ところがどうしてもこのファイルが開けなかった。
仕方ないので、こっちに持ってきているだけの年賀状を1枚1枚めくりながら、バイオにプリインストールされている筆ぐるめで新たに住所録作りなおすとこから始めた。段ボールから出てきた年賀状だけなので去年来た年賀状のすべてではないかもしれない。送り損ねた方がいたら申し訳ない。西条の実家に送ってもらえれば実家に転送されて、それを親にこっちに転送してもらってそれから返事書きます。遅くなったらすいません。
[PR]

by kfuk | 2010-12-26 19:09 | DIARY
2010年 12月 25日

This Is It

ブルーレイで買おうと思いつつ、買いそびれていたら地上波でやってしまって見てしまった。
その前からMJ特集みたいな番組をやっていたけどそれは見ず。

内容はMJのロンドンコンサートのリハーサルが中心。
MJのライブを見ることはなかったが生きてさえいればいつか見たいと思っていた。
MJは稀代のエンターテイナーってことでいいね。

見てますますブルーレイD買いたくなった。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-12-25 21:24 | MOVIE
2010年 12月 20日

高知のテレビ事情

10月に高知に来てテレビ業界でいうところの1クールが過ぎようとしている。
その間、割とテレビ見たのでその感想など書いてもいいのだが、その前に高知のテレビ事情について書いておこうかと思う。

高知は全国というか、これまで生活した長崎、広島と大きく違うことに、テレ朝系列局がない。つまり「報道ステーション」はやってない。
ここではたと気づいたのは、テレ朝で見たいと思って見ていた番組って「アメトーーク」しかないということ。「日曜洋画劇場」で映画によっては見れないと残念に思うのだが、何をやっているのか知らなければどうということもない。「やべっちFC」と「アタック25」などはほかに見たいものがなければ見る程度だったので、そういうときに残念だ。実はいくつかの番組は別時間、別枠で放送されるものもある。「Mステーション」は木曜深夜だったり、「探偵ナイトスクープ」は土曜の昼間だったり。「アメトーーク」は土曜深夜なのだが、半年ほど遅れている。

こっちでよかったことは、「水曜どうでしょうクラシック」がちょうどDVD未収録のアメリカ横断をやっていることと、これまでネット上でしか見たことがなかった「おにぎりあたためますか」をやっているということ。
この2点だけでテレ朝系が見れないということを補って余りある。
[PR]

by kfuk | 2010-12-20 21:47 | DIARY
2010年 12月 19日

CHiLDREN

伊坂幸太郎原作の映画化。
原作本についてもすでに書いてる。
設定や登場人物は同じではあり、核心の事件の部分もおなじではあるが、概ね原作とは違う話になってる。
ただし、この場合は悪いばかりではない。
今作は原作とは違うなりにおもしろかった。

伊坂作品ではおなじみの陣内であったり、盲目の青年永瀬も出てくる。しかし近作の主役は陣内の同僚の武藤。武藤の印象も原作とはずいぶん違うように感じた。坂口憲二の武藤もなかなか良かったように思う。難役かとも思える陣内も大森南朋が見事に演じたように思う。

チルドレン [DVD]

アスミック

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-12-19 23:51 | MOVIE
2010年 12月 06日

チャーハン

なるべく自炊しようと常に考えてはいる。

ご飯は、炊くときには3合炊いて、茶碗にラップをひいて一杯分ずつラップでくるんで冷凍保存している。

野菜はニンジンとタマネギはほぼ冷蔵庫に常備されている。卵も常備している。豚バラも冷凍保存してある。

結果、チャーハン率が高い。昨日の晩飯もチャーハンだった。上記の材料に何かしら加わることが多い。昨日はピーマンが加わった。日によってはアスパラだったり、えのきだったりもする。

冷凍庫の豚バラとご飯はレンジで解凍する。豚バラからは脂が出るが、ある程度捨てて、多少残したその脂で炒める。ご飯はあらかじめ卵と混ぜて卵かけごはん状にしておいて、ここである程度味付けしておく。粉末だし、塩、コショウ、昨日は使用頻度の少ないドレッシングも入れてみた。
強火にした状態で卵かけごはんを一気に炒める。常にフライパンを振って箸でもほぐす。野菜も手早く放り込んでさらにフライパンを振る。これでかなりパラパラになる。味見をして、最後に醤油か焼き肉のたれを少し加えて完成。

自画自賛だがかなり手際もよくなり、味もうまくなってきた。
[PR]

by kfuk | 2010-12-06 10:44 | DIARY
2010年 12月 04日

龍馬伝

数年ぶりに大河ドラマをそれなりにきちんと見た。
とはいえ、さすがに3月までは見れなくて春頃からかな。見始めたころは、確か岡田以蔵が追われていたあたりかな。
まあ再放送のことも多く、最終回も今日見た。

幕末から近代史にかけては得意ではない。この龍馬伝も必ずしも史実通りではないらしいが、勉強にはなる。

広島では、福山の鞆の浦にわずかな期間とは龍馬が逗留したとして盛り上げようとしていたし、長崎県では輪をかけて盛り上がっていた。ロケの行われた長崎市内は元より、佐世保のハウステンボスでも船上でのロケなど行われたそうで大いに沸いていた。

それがまさか10月から高知に来ようとは思ってもみなかった。初めて耳にする地元の土佐弁も、おかげさまで耳になじみやすい。

内容は常に埃っぽいような、ドキュメンタリー風な撮り方。福山雅治は確かにかっこいいが30代前半でなくなる人物を演じるには年がいってたのではないか。20代には見えないと思った。香川照之の演技はちょっとやりすぎ感はある。あとはいい配役だったと思う。
どうでしょうファンとしてはまさかの大泉さん大河抜擢で、カステラを作ってみたり、最終回では世界中を飛び回ってほしかったみたいなことを言われていたあたり、ニヤリとせざるを得ない。

せっかく高知に住んでいるのだから、龍馬伝ゆかりの人物たちの史跡は巡っておこうと思う。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]

アミューズソフトエンタテインメント


[PR]

by kfuk | 2010-12-04 18:14 | TOPIC