<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

Shine A Light

そのうちブルーレイで買おうと思っていたのだが、思いがけずテレビでやってたもんで見てしまった。

やっぱりそれぞれが、それぞれにかっこいい。

個人的にはミック押しなんだよなあ。
あの声あの顔あのスタイルあの動き。誰も真似できない。

大阪ドームで2度、生ライブに行ったが、前回の来日では西日本が名古屋までで行けなかった。
なんとかもう一度でも日本でライブしてくれんかな。今度はどこだって行ってやろうと思う。

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-08-31 10:55 | MOVIE
2010年 08月 29日

THE FORGOTTEN

飛行機の事故で行方不明になった息子を忘れられずにいる母テリーは精神科医にもかかっている。

ある日息子の写真が消え、写真の中の息子の姿もなくなっている。飛行機事故の記事も新聞から消えている。そして周りの人皆、夫でさえもが息子などいなかったと口をそろえる。

「フライトプラン」に似たような映画かと思ってレンタルしたのだが、見る直前にどこかで見た予告を思い出した。なんか人が空に吸い込まれてた。

予告の通り、「フライトプラン」と思っていたら「Xファイル」の類だった。まあ目的、理由は何なのかというのが気になって面白く見ることはできた。

フォーガットン [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-08-29 10:26 | MOVIE
2010年 08月 18日

あるキング

仙醍の弱小球団、キングスの大ファンである両親から「王が求め、王に求められる」ようにと名付けられた山田王求。幼いころから徹底的に鍛え上げられ、とてつもない選手へと育っていく。その王求を取り巻く人々にも大きな影響を与えていく。

筆者自身が「誰も読んだことのないような伝記を書いてみたい。」と書き述べているように、なんとも不思議な一人の天才が生まれ野球選手として活躍する姿を描いた伝記。伝記にかかれるような人物には生まれた時から見守っている人物がどこかにいるのではないか、つまりそういうことなのか。

あるキング

伊坂 幸太郎 / 徳間書店

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-08-18 09:48 | BOOK
2010年 08月 16日

お盆、西条訪問

お盆というか、土日で西条に行ってきた。

朝8時半ぐらいに出発して、九州内はやや車が多いぐらい。山陽道が混むようあったら中国道に行こうかとも思っていたが、途中で渋滞情報を見る分には山陽道に渋滞はないようだったので山陽道を通った。
広島インターに近づいたあたりから混み始め、過ぎたあたりで止まるようになった。広島東インターで下りて新しくできた広島高速2号線へ。こっちはすかすか。まだカーナビにも出ない仁保の出口で出ているとちょうど2号線に出れてこれは便利だ。
ソレイユに行って、西条に向かう2号線も渋滞していた。

西条の町は3カ月離れていただけでもそれなりに変化しているように見えた。TUTAYAができてたり、すし屋になってたり、アパートがなくなってたり新たにできてたり。

飲みは楽しかった。ベンちゃんとは1年ぶり。みっくん幹事ありがとう。川崎さん、べっち、変わってなくて安心します。こーじ君とは初対面だったけど月曜磯中に行ってるそうで、しゃべれて楽しかった。皆さま会えて良かったです。

ホテルはイーグル。格安3120円で朝食付き。風呂トイレは共同。飲んで帰って寝るだけなので特に問題なし。

翌日さらに西条うろうろして、ベンちゃんとミッくんとお好み食って帰ってきた。

いs田はアメリカ、梅はカナダ、まさことはタイミング合わず、イサ一家とも会えず、よりみちは休みと、残念な面も多かったし、何より月曜磯中かレドリでバスケがしたかった。今度は酒祭りに行きたいと思っているところ。
[PR]

by kfuk | 2010-08-16 10:07 | DIARY
2010年 08月 13日

百瀬、こっちを向いて。

前述しているが、恋愛アンソロジー「I Love You」は伊坂幸太郎目当てで借りてみて、その中で秀逸だったのが中田永一の「百瀬、こっちを向いて。」だった。世間的にもその評価が高かったらしく、「百瀬、こっちを向いて。」を表題として3作の恋愛短編と合わせて刊行された。

「百瀬、こっちを向いて。」は前述した。
新たな3篇も思春期の恋愛感情を描いたものであるが、小説である以上何かしら特殊な事情を含んだものになっている。海でおぼれ植物状態に陥った少女が、21歳になって突然目覚めた話。国語の担当教師が活躍中の覆面小説家なのではないかと思い当たる話。本当は美少女なのだが、それがゆえに友達も静かな日常も得られないため、頬に脱脂綿をつめたり不細工メイクをしている少女の話だったり。

恋愛小説なんて読むことないと思っていたのだけれど、これは思春期の話であって読みやすかった。書き下ろしの3篇の主人公がいずれも女子だったのが想定外ではあったのだけど気にならずに読むことができた。

百瀬、こっちを向いて。

中田 永一 / 祥伝社

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-08-13 10:12 | BOOK
2010年 08月 10日

CLEANER

サミュエルLジャクソンが演じるのは、元警官で現在は殺人現場など特殊な清掃を行う掃除屋。ある警察からの依頼で、誰もいない家に合い鍵で入り、おそらく銃による殺害現場の清掃を行う。合い鍵を返し忘れたため翌日再びその家を訪れると、家ではパーティーが行われ普通に生活しているように見え、夫人は昨日は一日留守にしていたと言う。しかし後日その家の主人が行方不明となっていた。その主人というのが警官の汚職に関する裁判での証人の一人だった。エドハリス演じる警官時代の相棒と謎に迫る。

前の記事の「96時間」みたいなアクション映画だったら大した謎じゃなくても満足するんだが、この手の謎解きモノとしては謎が浅かった。

ザ・クリーナー 消された殺人 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-08-10 10:00 | MOVIE
2010年 08月 09日

TAKEN

ついにブルーレイレコーダー導入。早速ブルーレイディスクをレンタルしてきた。

邦題は「96時間」。
旅先の娘から電話の最中、別室の友達が誘拐されるのを目撃してしまう。そして次はお前も誘拐される。冷静に犯人の特徴を電話で伝えるよう指示する冷静な父。娘が連れ去られ、その電話に出た犯人を相手に、自分には特殊な能力があり、娘を解放しなければ殺すと言う。父親は元秘密工作員だった。

誘拐後96時間で檀作は不可能になるというので、邦題はこうなったのだろうが、この96時間の根拠はなんだろう。

主人公の父親は、離婚でなかなか会えない娘を溺愛しておりかなりの過保護気味。そんな娘を助けるためにはあらゆる手段を駆使して容赦なく戦う。さすが映画、援軍はなくともとにかく強い。

別れた妻の再婚相手が大富豪だったからそのつながりかと思ったら、そんなこともないし、特に裏もない。まあ1時間半程度ですっきりしていてこれはこれでよいのではないか。

96時間 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-08-09 09:52 | MOVIE
2010年 08月 04日

ハウステンボス スリラーファンタジーミュージアム

ハウステンボスがライトアップされるということだったので行ってみた。

f0190009_10165388.jpg
日が暮れる前に着いてしまった。

f0190009_10181076.jpg

f0190009_10183567.jpg
ちょうどバンド演奏をやっていた。
f0190009_10304586.jpg

f0190009_10192852.jpg
ハウステンボスに何度も来たことがあるというマイケルジャクソンの所縁の品が展示されているらしいが中には入らず。
f0190009_10203578.jpg
ブラジリアンサンバとかタヒチアンダンスとかミュージカルとか混然としたステージもやってた。
f0190009_1023157.jpg
いよいよライトアップ本番。
f0190009_10315791.jpg
フジテレビとのコラボでスリラーファンタジーミュージアムというのをやってるらしい。この日はゲストにモト冬樹、松村邦弘、ダンディー坂野、林家ペーパー、美川憲一のそっくりさんの美川憲二、長淵剛のそっくりさん、アメリカからマイケルジャクソンのそっくりさんが来てた。マイケルジャクソンのそっくりさんには期待したのだが、いまいちあれならマイコーりょうのほうが見たかった。
f0190009_10243488.jpg
花火も上がった。
f0190009_10312138.jpg

f0190009_1033530.jpg

f0190009_10332591.jpg
フジテレビとのコラボとしてワンピース関係のイベントもやってるらしい。
[PR]

by kfuk | 2010-08-04 10:28 | DIARY
2010年 08月 02日

九十九島水族館”海きらら”

撮りためた写真の一部を上げてみる。

佐世保の鹿子前パールシーにある九十九島水族館"海きらら"に行った時の写真。

f0190009_10424958.jpg
カメラの練習のつもりでも持っていっいたというのもあるので先述のOlympus Penで絞りをいろいろいじって撮ったもののうち、このカメに関しては一番まともなもの。

f0190009_10504386.jpg
カメと同じ水槽にいたでかい魚。

f0190009_1051156.jpg
アジやらタイやら九十九島近海で捕れる魚

f0190009_10511745.jpg
下関の海峡館に比べれば小さいが同様のイルカの水槽があって下からも見れるし上ではショーも行われる。
f0190009_10545370.jpg

f0190009_10551622.jpg

f0190009_10553962.jpg

f0190009_10555942.jpg

f0190009_10561618.jpg


以前佐世保にいたころにはこんな施設はなく当然初めてだった。クラゲ特集もやってたけど暗すぎて写真には写らなかった。それにしてもなかなか良かった。
[PR]

by kfuk | 2010-08-02 10:32 | DIARY