<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 30日

eragon

はじめのうちは夕食の準備しながらできちんとは見ていなかったのだが、見だすと結構がっつり最後まで見てしまった。
もともとロードオブザリングとか、ドラクエとかFFとか、アスルラーン戦記とかベルセルクとか剣と魔法のファンタジー物は好き。

<以下ネタバレ警報>
この映画もはじめのうちはロードオブザリングの廉価版ぐらいのつもりで見ていた。平和に暮らしていた若者の手元になぞの石が現れる。それがその世界を支配する独裁者である王が恐れるドラゴンの卵だった。突然、救世主のドラゴンライダーといわれた若者の逃避行から始まる。まさに指輪を持ったフロドのよう。
きっと続編へと続いていくのだろうけれども主人公はドラゴンライダーとしてみるみる成長していく。なんとなく運命的な仲間もついて、とりあえずは王の腹心の魔法使いを倒すところまで。

ロードオブザリングの廉価版という考えは変わらないが、思いのほか面白かった。何作まで続くのかわからないが2作で終わるとすれば、いささか早急な気がする。3部作以上にして膨らませていけば面白いものになるのではないかと思う。

エラゴン 遺志を継ぐ者 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-01-30 15:52 | MOVIE
2010年 01月 30日

燃費

ここ2ヶ月程度のガソリンの使用量と燃費について考えてみた。

昨日の夜中に原付のガソリン残量がけっこうぎりぎりだった。
少し前から気づいていたのだが、ブールバールを越えるような用事がないのでいつも行くセルフのスタンドに行ってなかった。深夜だったので近所のスタンドは閉まっている。セルフのスタンドは24時間営業だがブールバールを越えようとするのは途中でガス欠になるかもと考えると怖いし、昨晩は寒かったしわざわざ行くのもめんどくさい。何とかスロットル控えめにしてどきどきしながら深夜に大学の往復をした。そのどきどきがあったせいか今朝、原付で戸坂の峠を越えてて、途中でガス欠になる夢を見た。峠さえ越えれば阿戸のガススタまでひたすら下りだと思って原付を押して上っているところで目が覚めた。

今朝近所のスタンドで給油した。最近は距離計の下2桁を覚えるようにしている。
その結果113km/4.4L=25.7km/L
ぎりぎりかと思ったがまだ入ってたな。燃料計もガタが来て誤差が出だしたかな。
まあスピード出ないのと寒いのさえ我慢すればプリウス以上か。

一方車はというと給油のたびに満タン法で計算するとほぼ6~7km/Lぐらい。原付の1/3以下。しかもハイオク。12月にちょうど通算距離が5万kmになったところから、2ヶ月の走行距離が650km。距離としては車所有者の中では走ってないほうだとは思うが燃費がねえ。ざっと100L使ったものとして、月1万2千円。やっぱ食うなあ。
しかし運転自体が楽しいもんだからついつい帰り道遠回りしてみたり、1速2速で8千ぐらいまで回してみたりしてしまうわけさね。そもそも燃費なんか気にする類の車じゃないし。
原付なかったら維持していけてなかったな。
[PR]

by kfuk | 2010-01-30 13:13 | DIARY
2010年 01月 25日

DEATH RACE

トランスポーターのジェイソン・ステイサムによる、やはりカーアクション。

囚人による銃器を装備したカーレース。設定が2012年というのがリアル。刑務所所長はデスレースの視聴者数が気になり、ついには陰謀により、元レーサーのジャンセンを無実の罪により投獄させレースに出るように仕向ける。

ストーリーやレース自体面白いのだが、もっと丁寧に取り上げてほしい部分もある。結局ジャンセンは直接復讐を果たすわけではないし、助手席のセクシーなお姉ちゃんについてもパッケージで並ぶほどには取り上げられない。設定としても刑務所の警備がやたら厳しそうに見えて、お互いのピットの行き来は自由だったり不自然な感じもする。

しかしそれ以上にレースの展開が魅力的で十分満足できる内容だった。所長側がレースを盛り上げるため強力なトレーラーを投入するもライバルと協力してそれを破壊するなんて、まさに絵に描いたような展開。意表を突いた裏切りや大どんでん返しがあるわけでもなく見ている側の期待通りに進むのもたまには悪くない。

デス・レース [DVD]

UPJ/ジェネオン エンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-01-25 12:10 | MOVIE
2010年 01月 25日

デトロイトメタルシティー

テレビでやってくれたので借りずにすんだ。

原作の漫画はヤングアニマルで、ベルセルクがあるから立ち読みしてるがDMCはっざっとしか目を通してなかった。面白いとの噂は耳にしていたが、なんせあんな絵だからいまいち読む気にならない。

でメタルはというと、ロックの一種として、好んで聞きはしないが否定もしない。ヘヴィメタにあたるのかな、ガンズアンドローゼズは中学のとき同級生に借りて聞いた。それぐらいかな。

映画自体面白かった。気弱でお人よしな根岸くんが、メイクと衣装でデスメタルのボーカル、クラウザー2世になってしまう2面性が面白さのキモなわけで、松山ケンイチが面白おかしく演じている。そして松雪泰子演じる女社長と、加藤ローサ演じる相川さんがまた極端に対照的。
映画ということで一度は全てを捨てて実家に戻るのだが、仲間やファンからの手紙などを見て再びステージに戻るという定番のストーリーではある。

地上波放送ということでずいぶんと放送禁止用語と思われる部分がかき消されていたが、映画やDVDではどうなんだろう。

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]

東宝

スコア:


[PR]

by kfuk | 2010-01-25 11:15 | MOVIE
2010年 01月 21日

2010年二つ目の山

昨日またひとつ山を越えた。
昨日締め切りの書類だったわけだが実際は日曜の夕方から仕上げに入って、そのまま徹夜して月曜には形は出来上がってたのだが、ラスボスのチェックは受けられず、中ボスのチェックまでで昨日の午後提出してきた。うちの中ボスが細かい人で、例えば「植物は大気中の二酸化酸素を取り込んで糖を合成する」みたいなことを書いてもリファレンス書けって言われるわけ。それって自明ってことじゃだめなんか。嫌がらせか。それならと1865年の光合成の文献引っ張ってやった。しかもドイツ語。こんなんリファレンス引いてたら、細胞説とかメンデルの法則までリファレンス引けと言われかねない。しかし世の中便利なもので、そんな古い文献すらネットから落とせる。著作権が切れてるからってのはあるんだろう。かといってドイツ語なんて読めるわけがない。なんとなく”pflanzen”とか”botanik”とかあるから植物っぽいなとはわかる。まあ図表見ればそれですんだ。なんせわかりきった光合成のことだから。

とりあえず次の山さえ越せば年度内は忙しさから開放されるはず。

それでも何とか提出はしたので、久しぶりにサッカーに行った。2010年初蹴り。水曜にサッカーに行くのはおよそ2ヶ月ぶり。と思ってたらやってる最中に、12月に試合に出たことを思い出した。それ以来だった。いずれにしても久しぶりで、はじめは少人数だったし、小雨でなかなか体温上がらんし、しんどかった。次第に人数増えて、雨はひどくなったが、体が温まってくれば運動自体してなかったわけではないから動けるようにはなる。しかし湿った土が重かった。体育館競技にはない重さだ。そしてバスケではならない箇所が筋肉痛になる。ふくらはぎでもバスケでなるのよりも上のほうとか、足首でもすね側とか。特に下半身は使う筋肉が違うんだろう。腰が痛くなるのはどっちも同じ。

雨は今朝も降っていたので車で出てきたわけだが、駐車場におれ以外にもう1台エイトがいて一度はやってみたかったので並べてみた。あちらは210ps、5速MTの標準タイプなのだが外観はホイールが16インチってとこぐらいしか違わない。フォグライトはオプションでつけられるし、ホイール変えたらわからなくなる。

f0190009_10523242.jpg

[PR]

by kfuk | 2010-01-21 10:55 | DIARY
2010年 01月 14日

大雪

一昨日、昨日と二晩連続で雪が積もるのって珍しいことだ。
それもスタッドレスでなくなった今年になって。おまけに忙しい時期ときたもんだ。

一昨晩は積もらないと思って原付だったのだが、気がつくと道路も所々積雪していた。積雪のあるところは車の轍をなるべく通るようにしてゆっくりゆっくり帰った。

昨晩は19時ぐらいにはもう軽く積もり始めていた。昨日も原付だったのでその時間帯にいったん帰って自転車に乗り換えておいた。まあ自転車でも危ないところはあるのだが車や原付よりはましだし、歩くのは時間もかかるしつらい。昨晩も遅くなってしまい、あたり一面、すっかり真っ白になっていた。新雪でスピード出ないし滑ることもなく帰れた。

今朝はさすがに道路の雪はあらかた溶けていたのだが用心のため自転車で来た。原付だと寒いだけだが、自転車はこいでるうちに暖まってくるし、久しぶりに乗ってみると悪くないな。
まだ雪が残っているから、それが昼間溶けて、夜それが凍る可能性が高いから、車も原付もまだ無理かなあ。

スタッドレス高いだろうなあ。スタッドレスはインチダウンしたほうが良いと言うし、そのほうがタイヤ自体は安くなるのだろうけど、それでもブレーキ径があるから17インチになるだろうし、まずホイールも買わないといけない。スタッドレス履いたとしてもFRだしなあ。ふと思ったのは車も原付も自転車も後輪駆動だった。後輪滑らす感覚でも身につけられたらいいんだろうか。

f0190009_22241960.jpg
手持ちではあるけど手すりに固定して撮ったんだが、ぶれとるなあ。

f0190009_22252147.jpg
1枚目がぶれてたから、同じようにしてもう1枚撮ってみた。こっちがややましか。
[PR]

by kfuk | 2010-01-14 12:16 | DIARY
2010年 01月 10日

Previously on 24 season VII

これまでの24
AM 8:00 - PM 2:00
月曜から木曜まで1話ずつ放送して、金曜飛ばして昨晩は2話放送された。で次は来週の土曜日と。確かに深夜とはいえ毎日やられるときついものがあるが、かといって1週間あけられると、気になって気になってDVDに走りたくなる。

リデンプションからの続きで、大統領は初の女性テイラー政権に変わっている。CTUは解体されジャックは査問会で拷問したことについて問いただされる。ジャックが収監されることになったアフリカのサンガラではクーデターが成功し軍事政権が確立してしまったようだ。そこでは数十万人の虐殺がなされ、いよいよ米軍が介入しようとしているようだ。その点ではテイラー大統領は共和党っぽいが、理想主義者でもありそうだ。そしてリデンプションで大統領の息子が何かしらの秘密を友人から渡されたようだ。それはどうもサンガラへの武器の密輸に関わるもので、ジョン・ボイドが演じるテイラー政権にも関わる何者かが黒幕のようなのだがここまではまだ登場していない。ここまで米国内ではサンガラのデュバク大佐指揮の下、米国の多くの公共機関で使われるファイヤーウォールを破るCSIモジュールというものを開発されてしまった。その捜査に当たるのはFBI。FBIは公聴会中のジャックに捜査協力を求める。なぜならCSIモジュールの設計者を誘拐した者の中に、死んだはずのトニーの姿があったから。

以下シーズン7の6話までのネタバレ含む。

ジャックを連れ出したFBIのルネはジャックの影響を受け、FBI版ジャックになりそうな勢い。FBIにもクロエっぽいのや融通の効かない上司やプライベートを持ち込む問題職員がいるっぽい。と思ったら元CTUのビルとクロエもまた暗躍していた。なんと言う正義漢。ジャックはまたテログループに潜入して、亡命中のサンガラの大統領の誘拐に手を貸してるし、相変わらず無茶をしまくる。そしてテイラー大統領の夫も息子の自殺を暗殺と疑い、そっちから政府内の裏切り者に近づく。米軍を撤退させないことを決意した大統領の目の前で旅客機が空中で激突し、いよいよ追い込まれる。

ここまででシーズン7の1/4に過ぎない。まだまだ二転三転するんだろうな。ジョン・ボイトが出てくると予想される。リデンプションでは大統領就任式でかなり大統領夫妻の近くにいたようだったが、これまで閣僚が集まるシーンにはいなかった。どういう立場で出てくるんだろう。最後吹き替えスタッフの名前が出てくる背景のとこベッドサイドの後ろ姿オードリーかキムだろうね。

まだまだ何が起こるかわからんなあ。楽しみだ。しかし土曜の夜ということでプリズンブレイクと被るってのは何とかならんのか。どっちも配給元は同じだろうに。録画できなければどっちかはDVDで見ろってことか。
[PR]

by kfuk | 2010-01-10 12:23 | DIARY
2010年 01月 08日

accept

本日ようやく一山越えた。
一昨日、一人のレヴュワーはOKでもう一人のレヴュワーから80~90点ぐらいの感じで訂正を求められたので、
昨日一気に直して昨日のうちに再投稿しておいたら、今朝アクセプトの通知が来た。

昨日風邪ひいたっぽくって、鼻水出るしせき出るし頭痛いしでつらいながら、眠くなるから風邪薬も飲まずがんばったかいあった。今は晩飯食ってしっかり風邪薬飲んだし、治るでしょう。

年末年始はさんだせいか審査に時間がかかってやきもきさせられたが、通ってくれて一安心。そしてやはりうれしい。

今月もう一山と、来月頭にももう一山くる予定。2010年いきなりクライマックス。
それさえ乗り越せればとりあえず年度内は一段落つくのかな。
そしたらヒーハンの結婚パーティーでもボードに行くにしても、割と好きに動けるかな。

この冬の長期予報を裏切る寒さと積雪にも関わらず、忙しいのとスタッドレス履けなくなったので自力で雪山に行けなくなってしまった。
誰か連れて行ってください。
[PR]

by kfuk | 2010-01-08 21:25 | DIARY
2010年 01月 03日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年は去年の分も合わせて変動の年になりそうな予感がします。
皆様なにとぞよろしくお願いします。
[PR]

by kfuk | 2010-01-03 13:24 | DIARY