<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 24日

降魔の剣

父を斬った日向景一郎は異母弟の森之助と伯父ということにしてある鉄馬と江戸に戻っていた。薬問屋の別宅を借り土を捏ね焼き物を焼いていた。
前作は父を探す旅であり能動的に動いていたのが、本策ではほとんどの場面で興味の矛先は焼き物であり土である。たまたま救ったり斬ったりすることで御禁制の薬物「阿芙蓉」がらみの騒動に巻き込まれていく。
しかしひとたび来国行を佩けば無双の強さを誇り容赦なく叩き斬る。
敵には藩絡みからどこのものとも知れない忍びまでもが現れる。
日向流と名のつくものはすべてなくしてしまおうとする景一郎がとんでもない強さを手に入れてしまっている。やがては森之助と対峙する時が来るのだろうか。

降魔の剣

北方 謙三 / 新潮社

スコア:



数年ぶりに市立図書館で借りた。図書館で雑誌や新聞を見ることはあったが借りたのはほんと久しぶり。数年前の登録カードもそのまま使えて一安心。次作「絶影の剣」も市立図書館にあるようなので借りることにしよう。それにしてもあらためて図書館ってのはすばらしいサービスだと思う。
[PR]

by kfuk | 2009-09-24 14:26 | BOOK
2009年 09月 22日

24 TWENTY-FOUR Redemption

24シーズン6と7のつなぎ。
そういえば5と6のつなぎの5.5が別のドラマDVDの特典映像に入っていた。中国に拉致されたジャックに救助隊が来たように見せかけて実は・・・という内容。いかにもスポンサーであるトヨタの新型RAV4のプロモーションとしての意味合いも強いものに感じた。

まだ見ぬシーズン7だがコマーシャルを見るとどうやらジャックがこれまでの拷問や暴走といった越権行動が法廷で裁かれるところから始まるらしい。そこに至るジャックの逮捕、召還がいかにしてなされたかが描かれている。

米国政府からの召喚状を無視して国外で逃亡生活を送るジャック。アフリカの某国でかつての戦友が建てた学校で下働きしながら現地の子供とも交流を深めていた。その国で軍事クーデターを起こそうとする一派がその学校へも少年兵として使うため子供たちを奪いに現れる。そしてその影にはアメリカの武器商人か何かが絡んでいるようだ。そしてそいつらはどうも政府のかなり上層部とも絡んでいそう。新しい大統領とその息子がまた大きな役割を担っていくことになるようだ。
これ1本を2時間の映画としては成り立っていない。あくまでも24の一部でしかない。

楽しみなシーズン7だがまだDVD出揃ってないしできれば旧作になるまでは我慢したいところ。

24 -TWENTY FOUR- リデンプション [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-09-22 12:45 | MOVIE
2009年 09月 21日

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

まず第1章、血のバレンタインまでと第2章、死のサラリーマンによる世界同時テロとともだちの復活までを軽くおさらいの部分があって舞台はともだち暦3年、またしてもオッチョと漫画家角田から始まる。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (16) (ビッグコミックス)

浦沢 直樹 / 小学館

スコア:



原作を読んでいるといくらでも魅力的なエピソードや登場人物はいるのだが3部作とはいえそれら全てをフォローすることができるはずもない。そのせいでどうしても薄い感じを持ってしまう。逆に原作を読んでいない人には盛りだくさん過ぎる内容なのかもしれない。
個人的には原作でなんで忍者ハットリくんのお面をつけてたのかってことで、おおっと感嘆したのだがそこもカット。カンナにワクチンを打たせるためにマフィアたちが一芝居打つとこも好きな場面なんだがまああっただけましか。

上映中から脳内で原作とすりあわせをしていたおかげでずいぶん疲れた。まあ原作のファンなら見に行って損はないかな。逆に原作を読まずに見てしまった人は絶対原作を読むべきだと思う。
★★★★

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 通常版 [DVD]

バップ

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-09-21 17:59 | MOVIE
2009年 09月 18日

風樹の剣

北方謙三の時代物。
まずこの本どうしたんだっけ。ハードカバーなんて自分で買うことないし、可能性としてはIs田に借りたものか実家に帰省して戻ってくるとき電車で読むように実家から持ち出したかのどっちかだと思う。出所は不明だがなぜか本棚にあったのを先日の車のコーティングの待ち時間から読み始めた。

時代物は好きで、漫画「花の慶次」から隆慶一郎に入っていったのが始まり。

北方謙三のものは中国を舞台としたものや現代ものも含めてこれが初めて。

日向景一郎というまだ若い侍は祖父と旅をしていた。旅の最中、父に向けられた追っ手に襲われるようになった。やがて祖父は景一郎に父森之助を斬るように言い残して病に倒れた。
景一郎は追っ手に襲われながら父の足跡を追い九州に入る。やがて父を知る人と出会い切り結ぶなどして成長していく。

初めての北方謙三だったが大変読みやすく状況描写もわかりやすいものではあったが、緊張感あふれるはずの場面などではなにか物足りない感はあった。しかし日向景一郎シリーズ化している4冊はあるようなのでまずは図書館か古本屋をあたって読破してみようと思う。それから中国の歴史ものに挑戦してみよう。

風樹の剣―日向景一郎シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

北方 謙三 / 新潮社

スコア:


これは文庫版だが実際読んだのはハードカバー。
[PR]

by kfuk | 2009-09-18 15:45 | BOOK
2009年 09月 15日

HANCOCK

能力的にはスーパーマンと遜色ないようなのだが、酒好きで口も悪く回りに迷惑をかけることにも無頓着。どうやら歳を取る事も無いようなのだが80年前に記憶を失っている。そんなハンコックをめぐるドタバタ劇。
スーパーマンのレックス・ルーサーやバットマンのジョーカーの様な特別強烈な敵というのは登場しないが、敵ではないが意外な存在が登場する。

繰り返しになるが巨大な悪に対するスーパーヒーローという訳ではない。ハンコックの揺れ動く精神状態をウィル・スミスが見事に演じてるのも見所か。あの奥さんシャーリーズ・セロンだったのか、気付かんかった。

クリプトナイトではないがある条件で能力が失われるという設定もいかにもとってつけたようで、その前の格闘シーンはどういうわけだと言いたくなる。まあそういう細かいことを気にしてみるような映画じゃないんだろうな。

ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-09-15 19:02 | MOVIE
2009年 09月 13日

THE MIST

<ネタバレ注意報>
嵐があけた翌朝、デヴィッドは息子を伴いスーパーマーケットに買い物に行った。店内は嵐のあとということもあって込み合っていた。そこに突然地震が起こる。その直後、店の外を濃い霧が包む。霧の中から連れが霧の中の何かに連れ去られ悲鳴を聞いたという男が鼻血を出しながら店へ駆け込んできた。

原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンという「ショーシャンクの空」、「グリーンマイル」のコンビとなれば期待をせざるを得ない。

ショッピングモールに閉じ来られた人々。当然霧の中に何かいるといわれてもそれを信じられない人たちもいる。それが思いがけず主人公と一部の人間の前にはその何かがかなり早い段階で姿を現す。もうちょっと何かがいるのかいないのかはっきりしないような状況が続くのかと思っていたので意外ではあった。あっさり見せすぎじゃないか。その後の状況はドーンオブザデッドと同じ。ただ内部の人間ドラマがキング原作らしく奇妙で不気味なことになっていく。宗教の存在の意味や極限状態で狂信的になることの不気味さを見せられる。
展開もドーンオブザデッドと同様、一部の人たちは車でスーパーを脱出する。霧の中、無人の街を通り抜けていくのだがついにはガソリンが底を突き車は止まってしまう。そこで主人公たちの採った決断は。その直後になんとも残酷な展開が待っている。
エンドロールでも凝っていてはじめは普通に音楽が流れるのだがあるところから無音。いかにも何も見えない濃い霧の中を表しているようだ。そしてその後の展開を示唆するような手法をとっている。

「ショーシャンク」や「グリーンマイル」と比べれば期待もあった分、残念といわざるを得ない。

ミスト [DVD]

ポニーキャニオン

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-09-13 16:29 | MOVIE
2009年 09月 12日

World Trade Center

いつかは見ようぐらいに思っていたのがテレビでやっていたので見た。

実際に生き埋めになり、奇跡的に生還した警官の実話に基づく話。

2001年9月11日バスターミナルを管区とする港湾警官たちに緊急招集がかかる。そうワールドトレードセンタービルに飛行機が突っ込んだのだ。
現実の話としては多分日本時間夜だったと思う。車を運転していて友人から「アメリカでビルに飛行機が突っ込んだ」というメールが来た。イメージとしてはセスナかなんかだろうと思った。
劇中でも警官の一人がそうつぶやいたところで上司が旅客機だったらしいと言いながら登場する。

映画としてはオリバー・ストーン監督らしくいかにもアメリカらしいアメリカを描いた映画。

倒壊したビルの中で奇跡的に生き残った二人の警官。身動きは取れないが励ましあう二人と、二人の家族を中心に描かれている。
悲劇ではあるが映画自体はそれほど悲壮感に満ちた描き方ではないし、かといって警官や消防士をヒロイックに扱っているわけでもない。
土曜の9時から地上波でこれを流して果たして皆が面白いと思うかどうかは疑問だ。

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-09-12 19:24 | MOVIE
2009年 09月 10日

向こう脛

サッカーのミニゲームで張り切ってディフェンスに行ったら交錯してしまった。やってる最中からみるみる腫れてきてソックスの上からでも見てわかるぐらい腫れてた。

f0190009_1116051.jpg


どっちみち研究室には戻る予定だったから実験用のクラッシュアイスで冷やしてた。
家に帰るとまずは流水で冷やす。クラッシュアイスも持って帰って、シャワーの後もアイスバッグをテーピングで巻きつけて冷やし続けておいた。
写真は昨晩で、今までに経験した中で最大級の腫れだったのだがアイシングのおかげか今朝には内出血の紫の面積は広くなっていたものの腫れは触れてわかるほどの大きさにまで小さくなっていた。先月あたりにも同じようにすねをぶつけて腫らした時には何もしなかったせいか完治に2週間ぐらいかかったのと比べれば、直後のアイシングの重要さがよくわかった。
現在も引き続きアイシング継続中。
[PR]

by kfuk | 2009-09-10 11:16 | DIARY
2009年 09月 07日

コーティング

8に乗りだして約3週間が経った。この間天気が良かったこともあってあまり乗ってはなかったのだが、所詮は露天駐車場であり汚れは気になる。
そして真っ黒の車というのも初めてなのだが、きれいな時は映りこみも映えて相乗的にきれいに見えるのだが、汚れてくると逆にさらにくすんで見える。
エクシブの白から乗り変わったことで特にワックスは黒用を買わなきゃいけないのと、エクシブでずいぶんと洗車サボっていたのでめんどくさくなってしまっていたので、いっそ高くても長期間洗車しなくてすむようなものを探していた。

まず気になったのは深夜のテレビ通販で辻アナがやってるやつ。洗浄成分も含むのでシャンプーしながらコーティングもでき、コーティングは親水性のガラス系皮膜で12ヶ月はもつってやつ。1本7800円だったかな。けっこういい値段だし結局自分でやるんだよな。
値段も知りたくてコーティング施工してもらう方向で検索してみた。まずうちから最寄のガソリンスタンドが大々的にやっているやつについて調べてみた。いろんなコースがあって、3ヶ月もつもので約40分の施工時間で4000円といったものから、丸1日預けで5年もって6万近くするものまで、バランスよく5コースぐらいあったかな。
他にも別のガススタ系、板金屋系、カー用品店系などあった中で、マツダディーラーにもコーティングがあった。簡易コーティングが約1時間の施工時間で3ヶ月もつものがマツダ全車一律1500円。これはおれがお世話になってるマツダディーラーでもできる。もうひとつ、本来は新車のオプションなのだが限られたいくつかの店舗では購入後の車にも施工してくれるらしいともあったが、わざわざ広島市内のディーラーに持っていって丸1日預けるのもなんだったので、前者の簡易コーティングをしてもらうことにした。3カ月おきで1500円ならまあリーズナブルな方だろう。ガススタの洗車機につっこんでもワックスとかにしたら500円はする割りに傷つく危険性あるし、大してワックス効果ないし。
早速先週末話を聞きに行って予約までしてきた。で昨日施工してもらった。ホントは待ち時間にアイドリングストップの新型アクセラに試乗できたらしたかったのだが、すでにいなかった。それでも涼しい店内でアイスコーヒー出してもらいながら1時間読書ができた。汚れたまま行っていいということだったので一切手をつけずに持っていったこともあって仕上がりは実にきれいに見えた。

当分天気よさそうだと思っていたのだが昨日早速夕立がきたので様子を見てみた。

f0190009_1023226.jpg


f0190009_10234792.jpg


見事に水を弾いている。親水性がいいと言われようともこの水玉になる感じは車好きにはたまらんのですわ。夕方の映りこみもいいなあ。夕立であっという間にやんだので車を動かすことはしなかったが、雨の中走って水玉がすっ飛んでいく様もまた期待したい。
[PR]

by kfuk | 2009-09-07 10:23 | DIARY