<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 27日

F1バーレーンGP決勝と今季序盤戦について

バトンが今季3勝目 F1バーレーンGP決勝

トヨタが予選1位2位とついに優勝かと思いしっかりテレビの前で待機し期待していた。スタート直後の1コーナーにかけてKERSによる加速でハミルトンが迫り1コーナーではトゥルーリがかわされるもすぐさま1位2位体制を取り返した。しかし搭載燃料が軽いと予想されるトヨタの2台が後続を引き離すことができない。仕方なく上位陣の中では先にピットに入ったトヨタの2台は固めのタイヤに換えて出て行く。燃料が少なくなり加速していく上位陣に追いかけられるトヨタだがハードタイヤでは思うようにスピードが出ない。トヨタ以外はソフトタイヤのままでピットアウトしてきたときトゥルーリはマトンにかわされ2位、グロックは順位を6番手にまで落としてしまう。ハードタイヤで厳しいトヨタの2台。2位のトゥルーリは先頭のバトンについていけず、ベッテル、ハミルトンを引き連れて周回を重ねる。コース上でかわされはしなかったものの2回目のピットを終えたときにはトゥルーリは3位グロックは6位で戻るもすぐさまライコネンにかわされ7位。そのままバトンが今季3勝目。トヨタは3位と7位という結果に終わった。

大きくレギュレーションの変わった今季、序盤4戦を終えて、ホンダを引き継いだブラウンGPが安定した速さでダントツのトップ。続いてレッドブルレーシングとトヨタとなり昨年とは違ったトップ3を形成。昨年の王者ハミルトンは速さを取り戻しつつあるようではある。ヨーロッパに戻ることで各チーム巻き返しを図っているだろうが、はたしてブラウンGPに追いつくことができるだろうか。

KERSの有無や使い方、空力の問題など、今年はどのマシンもまだまだ熟成の余地が多く残されているはず。なので何かをきっかけにあるチームが急に速くなったりする可能性はあると思う。たまたま最初にそうなったのがブラウンGPだったのかもしれない。今年のF1は不確定要素が多くて面白くなるかもしれない。このままブラウンGPがぶっちぎるということはないだろうなと思う。
[PR]

by kfuk | 2009-04-27 11:05 | SPORTS
2009年 04月 25日

水曜どうでしょうDVD第1弾

やはり1本でも買ってみてしまうと、残りも欲しくなってしまってヤフオクで手に入れてしまった。折しもDVD11弾が発売された直後で、なんとオリコンで「アメトーーク」を抜いて1位を獲得。おそらくその影響でタイミングの悪いことにヤフオクで過去の作品を手に入れようとする人が増えたのか、落札価格が日に日に高騰しているようだ。今は時期が悪いのでチェックは入れるが残りの入札はもう少し様子を見て流行が落ち着くのを待つことにしよう。

さてこの第1弾DVDに収録されているのは、レギュラーシーズン最後の企画「原付ベトナム縦断1800キロ」。原付シリーズでは唯一クラシックでも放送されたもの。カブの聖地ベトナムをハノイからホーチミンまでの南北約1800kmを縦断しようというこの企画。カブではないが原付乗りのひとりとしても血が騒ぐ。

DVDのお楽しみ副音声はミスターの仰るとおり自画自賛ばっかり。ミスターゲストのときのチーム40が藤村Dに迫るあたりが聞き処か。大泉さんゲストのときはやっぱり感動のゴールへ向けてのそれぞれの心の内だね。うれしーの「あいつおかしいんじゃねえの」という問題発言も嬉野さんなりの考えがあったんだね。
[PR]

by kfuk | 2009-04-25 13:57 | OTHERS
2009年 04月 24日

植物学の日

今日は牧野富太郎博士の誕生日ということにちなんで植物学の日だそうでGoogleのトップページも牧野氏のスケッチが配されている。
牧野富太郎氏について詳しくはWikipediaでも見てもらえばいいわけだが、植物を実験材料に研究をしているものにとってはその名はダーウィンやワトソン&クリックを知ってるっていうのと同じぐらい常識レベルとして知っていても、今日が植物学の日なんてことはGoogle見るまで知らなかった。

学部で植物分類学の授業や実習もあったわけで原色牧野日本植物図鑑には大変お世話になった。そのスケッチたるやほんとに綺麗で、以前どこかで美術展として展示されたこともあったようだ。

原色牧野植物大図鑑 (合弁花・離弁花編)

牧野 富太郎 / 北隆館


[PR]

by kfuk | 2009-04-24 18:45 | DIARY
2009年 04月 20日

右膝経過4週目

右膝を痛めてからざっと3週間が経ったのだが、少なくともあと3週間はバスケ、サッカーはドクターストップ。自覚症状としてもまだちょっと動かしてない状態から動き出すときに痛みがある。もうじき4週間も経つのにまだ痛みがあるってことは手術しないと完全には治らないのかも。そうだとすると参るな。
ヒアルロン酸注射があと3回。つまりスポーツ復帰の予定は3週間後で、その時点で痛みが残っているようだと手術しないと復帰はできないとは言われている。

それにしてもいくつになっても注射は嫌なもので、腕だとまだ打たれ慣れてたりするのだが膝となると初めてのことだし、実際たいしたことないのだけれど打つ前は結構怖いものだ。

先週は木曜日にヒアルロン酸注射を打って、金曜から大阪に行っていたのだが、都会に出るとよく歩くわけで、夜には痛みもましてかなり熱を持ってた。この状況ではまだバスケ、サッカーはできんだろうなと実感した。
[PR]

by kfuk | 2009-04-20 11:01 | DIARY
2009年 04月 10日

右膝経過

昼に病院に行って痛みもほとんどないので松葉杖から解放された。膝の装具もがっちりしたものから簡単なものに変わった。

2週間の松葉杖生活だったがいかにも怪我人らしくエレベーターの乗り降りやドアの開け閉めなんかで親切にしてもらうこともあって、世の中捨てたもんじゃないと思うところもあった。なにしろ常に両手がふさがってて不便この上ない。スーパーでの買い物は左の松葉杖に腕を通してカートで買い物。ちょっと低い位置にあるものをとるのにも一苦労。カートを収めてからもスーパーの袋片手に持つと歩きにくい。マイバック持参だと肩にかけられるから幾分ましではあった。でうちが2階だから必ず階段。上りは1段飛ばしでいけるんだけど下りは怖いから一段ずつ、めんどくさい。

それからようやく開放されてはしたものの、まだ走ったり、深くしゃがんだり、重いものを持ったりはしないようにと、週に1回膝にヒアルロン酸注射を5回うって治療完了と。つまりあと5週はバスケもサッカーもできない。たぶん痺れを切らしてやりそうな気がする。当分体を動かすなら水泳。ただし平泳ぎはダメ。水中ウォーキングを推奨された。おりづるかな。
[PR]

by kfuk | 2009-04-10 19:40 | DIARY
2009年 04月 09日

夜桜

今年の花見は学内の川沿い。
例年のことながら夜はまだまだ冷える。
おまけに自転車も徒歩も無理なので原付だからお酒は飲めない。
装具で膝が曲げられなくて地べたに座るのがしんどい。
まあまあそれなりには楽しかったが寒かった。

f0190009_21453975.jpg

最近カシオのハイスピードの連写と動画が撮れるコンパクトカメラがかなり興味あるんだがこいつもなかなかいい画が撮れるんだよなぁ。実際よりもずいぶん明るく撮れているがノイズが気になるほどでもないし、手持ちでこれだから手振れ補正もそれなりに効いてるんだろう。でもエクシリムハイスピードってやつは腕云々ではなく唯一無二の機能を持ってるわけでかなり興味津々。カードサイズが出てコンパクトなほうが値崩れ起こしてるみたいだし欲しいなあ。もうちょっと様子見かな。
[PR]

by kfuk | 2009-04-09 21:47 | DIARY
2009年 04月 09日

水曜どうでしょうDVD第6弾

「水曜どうでしょう」というテレビ番組についてはもはや説明の必要もないとは思うが、1996年に始まった北海道発のローカルバラエティー番組でいまや全国で人気を博し、広島でもクラシックとして再編集されたものが放送されすでに終盤に入っている。実を言うならクラシックでは放送されない分も含めてすでに全部見ている。
DVDもすでに10弾まで発売されている。ただし広く店舗販売はしていないので店頭で見かけることもなければアマゾンにもなくライフログにも載せれない。それが中古で販売されていたので買ってしまった。それもいきなりの第6弾。メインであるジャングルリベンジは広島で割と最近放送されたばっかりだし、1本買ってしまうとおそらく全巻そろえないと気がすまなくなるだろうと思ってちょっとだけ迷ったが、中古で出会ってしまったのもまた運命と思い購入。DVD版ということで未放送分の追加や特典映像もあるが最大の売りは副音声だろう。副音声をONにすればD二人と大鈴どちらかの3人による解説というか回顧録というかとにかく3人で喋っている。はい、それ魅力。

まずはDVD第1弾の発売を記念した総集編。6年間を駆け足で振り返るわけだがDVD揃えっちまえば総集編なんていらねえだろって、いやいやこの番組は企画以外のところが面白いわけで、お二人の衣装とトークで充分楽しめるわけですよ。過去の映像を振り返ってトークしてるところにさらに副音声でトークというもうなにがなんだか。

次にDVD第2弾発売を記念したプチ復活。達磨を積む原付2企画がクラシックだと放送されてないわけでおれは見てるからいいけどクラシックのみの視聴者は大丈夫か?と思うところもあるが、原付西日本でたずねた大分県竹田市の姫だるま工房を再訪する企画。これもやはり訪ねるまでの過程が楽しいわけ。ツインルームの4人使用で喜界島の件もあって副音声までつけたらもう時系列がごっちゃごちゃになる。

で完全復活後のジャングルリベンジと1度は見た上で最近テレビで見てて3度目の視聴、それでも面白い。

ところどころどうでしょう口調になってしまっている。
[PR]

by kfuk | 2009-04-09 14:18 | OTHERS
2009年 04月 06日

VANTAGE POINT

登場人物それぞれの視点からスペインでのテロ事件を追っていく。黒澤明の「羅生門」でとられた手法だが、さらに映像を巻き戻して毎回正午の時刻表示を画面に出すことでわかりやすさと「24」っぽさを出していると思われる。

主演は「LOST」のジャックですっかり有名になったマシュー・フォックス演じるテイラー、かと思いきや、ベテラン、デニス・クエイド。マシュー・フォックスは「LOST」も同時撮影中でもありシークレットサービスという役柄もありおなじみの坊主頭。デニス・クエイドはその先輩エージェントだが大統領を庇って被弾し復帰後最初の仕事でノイローゼ状態にある。

事件の流れとしてはスペインでテロ対策の国際会議が開かれ、大勢の民衆の前でアメリカ大統領がスピーチをしようとしたところで何者かによって狙撃される。混乱の中どこか遠い場所でも爆発の音が聞こえ、数秒後には演説台の下の爆弾も爆発する。
それをまずはテレビ局クルーがカメラを通した目線で見、その後そこに居合わせた人たちそれぞれの目線で事件を追っていく。
それぞれの目線は肝心なところで切れて次に移っていくのだが、後の目線がその場面を追い越していくことでストーリーが進む。

見る前は誰かが嘘をついてて犯人は誰だ、みたいな感じかと思っていたがテロリスト一味は意外とあっさり判明して拍子抜け。あの狙撃の方法はといか狙撃銃は反則だろ。その後の追跡あるいは逃亡劇もそれぞれの目線で激しく見せる。

脇を固める助演陣も豪華で、序盤はシガニー・ウィーバー。フォレスト・ウィテカーやウィリアム・ハートらアカデミー賞主演男優賞の二人も活躍。ただフォレスト・ウィテカーの役どころ、ただのアメリカ人観光客はちょっと蛇足な感じもする。

バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-04-06 13:25 | MOVIE
2009年 04月 03日

THE MUMMY: TOMB OF THE DRAGON EMPEROR

ハムナプトラ2から13年後の設定。
リックとエヴリン夫妻はすでに引退し優雅な生活を送っている。前作では子供だった息子のアレックスが大学生となり中国の砂漠で始皇帝の墓を探し当てることから話は始まる。
ジェット・リー演じる始皇帝はミシェル・ヨー演じる妖術師の呪いにより生きたまま石化されており霊水により復活するといわれているらしい。
お決まりだが皇帝を復活させて自分も権力を得ようとする者と、墓を守り復活させないようにするものが出てくる。霊水をめぐっての格闘の末、皇帝は復活をしてしまう。ただし埴輪のまま。
完全復活へ向けて舞台はヒマラヤに移る。上海でのカーチェイスからチベットの雪山。インディ・ジョーンズシリーズを髣髴させるのも仕方ないことか。
いよいよ完全復活しジェット・リーも全開。ミシェル・ヨーとのチャンバラも見事。ミシェル・ヨーのチャンバラと言えば「グリーン・デスティニー」でのチャン・ツイィーとの決闘が強烈に印象に残っている。あれに比べればさすがに見劣りするがなかなかおもしろい。
兵馬俑の軍隊vs奴隷のミイラ軍団も迫力あるけど前作のイムホテップ軍vs騎馬部隊のほうが絶望感でハラハラして印象派強い。ミイラ以外のモンスターにしても前2作に出てきた大量の甲虫や吹き矢の小人のような強烈なものが出てこなかった。

結局テーマは親子の絆だったりするのかな。
前2作ほど強烈に危機に陥ることもなくスムーズに規定路線で進む。正直少々物足りない。

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョン

UPJ/ジェネオン エンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-04-03 14:36 | MOVIE
2009年 04月 01日

2009年プロ野球パ・リーグ順位予想

続いてパ・リーグ。

こちらも外国人枠の規制緩和でローズカブレララロッカとさらにフェルナンデスがずらっと並んだヘビー級打線となったバッファローズ。昨季二桁勝利を挙げた4人が今年ローテーションをきっちり守ることが条件かな。
次いでライオンズ。こちらも先発は磐石に見える。石井一久がどこまでローテーションを守れるか。打線は去年は大久保コーチもいて若い勢いで乗り切った。今年も勢いに乗れば連覇できるだろう。しかしパ・リーグ全体の投手のレベルが上がってきているし打線につながりを欠く危険性が高いかもしれない。
プレーオフあと一枠にはマリーンズかなぁ。清水渡辺成瀬に次ぐ存在に唐川がなるようならプレーオフ進出十分ありうる。
4位には昨季最下位から脱出してホークス。打線は主軸の怪我には悩まされるだろうな。投手陣は斉藤が復活して和田杉内と外国人とでローテーション回せればプレーオフには滑り込めるかもしれない。
5位イーグルス。岩隈田中で今年も30勝はほしいところ。彼らに次ぐ先発が出てくるかどうか。おそらく野村監督最後の年となるだろうから奇跡が起きるかもしれない。
最下位にファイターズ。正直ダルビッシュ以外どんなローテかわからない。

正直パ・リーグはどこにしても主力選手以外の情報を持ち合わせていないので予想と言ってみたもののたかが知れている
[PR]

by kfuk | 2009-04-01 19:23 | SPORTS