<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 31日

Clover Field

ブレアウィッチプロジェクトに端を発した、ハンディーカメラによる作中人物による撮影風の映像で怪奇事件に巻き込まれていく映画の一種だがあくまでも多くの避難衆の一人出別に怪獣と戦おうとするわけでもない。ただし終盤では怪物にかなり接近することになる。これはまあ映画だからね、最後までみんなと一緒に避難してても映画にはならんわな。

発案、製作にJ・J・エイブラムス。「M:i:III」のというよりは個人的にはテレビシリーズの「エイリアス」「LOST」のJ・J・エイブラムスといわれたほうがわかりやすい。特に「LOST」でも多くを見せない1人称視点でなぞを膨らませるのは似た手法といえる。

とあるパーティーから撮影は始まるのだが、テープの上書きされる前の映像としてフラッシュバックが入り人物紹介のような形になる。メインの撮影者がなかなか下衆な野郎なわけだが見ていて極端に不愉快だと思えるほどのものではない。

怪物はなかなか姿を見せないが、次第にその不気味な姿を映像として捉えるようになる。軍隊が戦闘機や地上部隊で迎え撃つシーンはゲーム「地球防衛軍」シリーズの大怪獣を倒すステージのようで楽しい。

地球防衛軍3 Xbox 360 プラチナコレクション

D3PUBLISHER

スコア:



あくまでドキュメンタリータッチというか一被災者の視点なので怪獣が何者か、その後どうなったのか、「かつてセントラルパークと呼ばれた場所」といった表現がヒントにはあるが、多くはわからないまま。

この手のハンディーカメラ風の映画の多くは見づらくてどうしようもないのだけど、この映画は比較的見にくくなかった。あくまでも比較的ね。展開も導入部はだるかったが、いざ非難を開始してからは息をもつかせぬ感じで、意図通りの緊迫感で目が離せない感じはあった。

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-03-31 17:40 | MOVIE
2009年 03月 27日

右膝内側副靭帯および半月板損傷

一昨日サッカーをしていてY道さんと交錯し倒れたときに膝がぐきっと内側に折れるようになり痛みが走った。しかし人数も少なかったし走れなくはなかったのでその日は最後まで普通に練習した。
それが家にたどり着く頃には鈍い痛みがかなりひどくなってきた。シャワーのあとはアイシングして湿布を貼って寝たが動くと痛くて何度も目が覚めた。
昨日も一日我慢して、今朝になってみたが痛みはほとんど引かないままだったので昼に病院に行ってみた。散々待たされレントゲンとMRIの結果内側副靭帯および半月板損傷といわれた。内側副靭帯はいわゆる捻挫でそれほどひどくもない様子。
問題は半月板の方。MRIの画像で通常黒く見えるはずのところが白く見える。これは半月板が破れて膝の水がしみこんできているらしい。2週間固定して再度検査。さらに2週間たっても自己回復でこの白い部分がなくならないようなら半月板を縫うか、一部切り取る手術が必要になるらしい。
かつてヘルニアと言われ最終的には手術しかないとさえ言われたが、今はそれなりに問題なくすごしているので今回もそれなりに回復するだろうと根拠もなく思っているのだが、Wikipedia「半月板」には「自己治癒能力はほとんど無く、過度な加重などによる断裂時には自然に再生することは望めない」と書かれてるな。
当分は固定で安静。がっちりとした装具で膝の曲げ伸ばしができない。これではチャリには乗れないし原付も不便。車もたぶん装具取らないとアクセルもブレーキも操作できなさそう。

f0190009_15414098.jpg


そして人生初めての松葉杖。右足を完全につけちゃいけないわけではないのでそれほど難しくはないが、下り坂は危険かも。見るからに怪我人になって周りの人が親切になったように感じる。
気温が暑くもなく寒くもない時期だったのは幸いかな。でもそんないい時期にバスケもサッカーもできないのはつらい。禁断症状でそう。
[PR]

by kfuk | 2009-03-27 15:43 | DIARY
2009年 03月 24日

WBC連覇

Excite エキサイト : <WBC>日本、再び世界一 延長で韓国降す 松坂がMVP

Excite エキサイト :WBC決勝速報 5-3 日本が2点勝ち越し
勝ったーーーーー。
苦しかったけど勝ったぞーーー!!!
ワンセグ見れてよかったあああああ。

今日はもう試合開始から日本が得点圏にランナーを進めるたびにワンセグを見るために隣室に行っていた。何度も何度も行くことになった。しかしなかなか得点が奪えない。先制直後1アウト満塁で初スタメンの栗原は最悪のゲッツーと残念なことになった。
打たせて取るピッチングで完璧とも思えた岩隈だが一発を被弾し同点。
7回中島のタイムリーで勝ち越し、8回岩村の犠牲フライでダメ押し。
8回裏岩隈が犠牲フライで1点差に迫られ、2アウト97球で杉内へ。
9回裏先頭に左の代打が送られたことで頭からダルビッシュ。ボールが引っかかりすぎるのかワンバウンドが目立つ。先頭バッターからは三振を奪うがその後2者連続四球。2アウトまでこぎつけるがタイムリーを打たれ同点で延長戦へ。
10回表先頭の内川がヒットで出塁。稲葉が送って岩村もヒット。内川は帰れず、ここで代打川崎。ショートフライに倒れてしまうが、次はイチロー。イチローさん今までいろいろ言ってすいませんでした。見事なセンター前タイムリー。二人が帰ってピッチャー動揺したか死球四球で満塁。しかし城島追加点は奪えず。とにかく日本は残塁が多かった。
2点差ということだろう、ダルビッシュ続投。先頭を歩かせ冷や冷やは続く。しかし浅いフライも青木の守備範囲が広く2アウト。最後のバッターを三振に切って取り試合終了。

日本WBC連覇。
アメリカにも勝った。韓国にも勝ち越した。完全優勝と言ってもいいんじゃないか。

まったく心臓に悪い試合をしてくれる。いてもたってもいられないとはまさにこのこと、テレビの前でじっとしていられなかった。
ほんと勝ててよかった。
[PR]

by kfuk | 2009-03-24 14:46 | SPORTS
2009年 03月 23日

WBC 日本vsアメリカ戦 日本が9-4で決勝進出

Excite エキサイト : WBC 日本vsアメリカ戦 日本が9-4で決勝進出
とりあえず隣の部屋ならワンセグ受信できると確認してネットで速報を眺めていた。
栗原代打でも出れて良かったね。4点差で1アウトランナーなしDH枠で守ることもない。せっかく緊急召集で来てもらったからとりあえず出しとけってとこかな。守らなくていいのはカープファンとしては正直ちょっとほっとした。
4点差あったのでそれほど不安もなくいたのだが、どうやら馬原が打たれて2点差に。
あわてて隣室で8回裏からワンセグTVで観戦した。

福留四球で出塁、代走片岡。城島送りバントは冷や冷やしたがいいバントだった。川崎の打球はショートゴロだったがなんとジーターが悪送球。代走片岡がホームイン。ここまでいいところのないイチローの打席。川崎がすかさず走ってイチローの援護。打率2割なりにタイムリー。続く中島の右中間へのあたりにイチロー激走で生還。5点差で最後の回へ。

藤川だと不安だなと思っていたら、ここでダルビッシュ。まあ30球も投げることはないだろうからドジャースタジアムのマウンドを経験させたかったのではないかと推測する。1安打は許すも二者を三振で試合終了。

決勝進出。相手は5度目の韓国。決勝で韓国に負けるぐらいだったら今日アメリカに負けてしまえとまで思っていた。決勝に行く以上は絶対勝ってもらいたい。できればコールドで。
[PR]

by kfuk | 2009-03-23 12:48 | SPORTS
2009年 03月 21日

ミッドナイトイーグル

割と最近地上波で放送されたものを金払ってみるのは気が引けるのだが、その日見れなかったわけで、録画機器持ってないし、それでも見ようかと思ったんだから仕方ない。
期待に違わず邦画のサスペンスアクションとして面白かった。

ひそかに偶然による部分が多すぎるのが気にはなった。爆撃機を目撃したのが偶然に元戦場カメラマンだったところまではいいとして、たまたま大学の後輩が長野に飛ばされててその原因となった取材の内容が関係していたり、義理の妹がたまたま雑誌記者で、その直属の上司がなぜか公安や警察庁の上の方とコネクションがあったり、後輩記者もそれに近いものを狙っていたりとか、できすぎてる気がするがこれが映画というもの。

最後のほうは見事にアルマゲドンっぽかったがまあ、そんなもんだろう。
自衛隊や海上保安庁、アメリカだと軍が撮影に全面協力とあるとたいてい最後はさすが自衛隊とか、アメリカ海軍は絶対に負けない、みたいな感じなりそうなもんだが、そうでもなかったところが良かった。

半島からの工作員がすでに日本には多数存在するというのは映画の中だけの話でもないな。それを在日半島人が何らかの形でバックアップしていても不思議はない。何せ日本のこと嫌いだからな。嫌いだったら出て行ってほしいものだ。

ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-03-21 13:54 | MOVIE
2009年 03月 20日

WBC二次ラウンド消化試合対韓国

Excite エキサイト : <WBC>日本、韓国降す 準決勝は米国と対戦
すでに決勝トーナメント行きを決めた日本と韓国。このトーナメントの方式何とかならんもんかな。
韓国とはこれで4度目の対戦。大きくみれば負けてもいい試合、先発もこれまで登板のなかった内海。しかしこれまで1勝2敗と負け越しており、前の試合ではマウンドに自らの国旗を立てるという蛮行を行う連中が相手となれば負けられないという気持ちにもなる。

投手陣は立派に役目を果たした。個別に見れば不安な投手もいる気はするが、誰かが悪くても誰かが補うというのを見事に果たしている。
問題は打線。終盤韓国にあきらめムードも見えてきてようやく線になった感じ。イチローは深刻だな。今日はずして初心にん帰らせても良かったんじゃないか。バントにしてもかっこつけて自分も生きようとか考えず、まずしっかり送れと。誰かそういえる人間がいなければ問題だ。フライのキャッチもあれはかっこつけてるのかそれとも実は足元がおぼつかないのか。前者だろうとは思うが、現状ではどう見ても足を引っ張っているのだから真摯にプレーすることを望む。

村田があれは肉離れだろうね。全力プレーと疲労の蓄積と行ったところかもしれないがいかにも野球選手のもろさが出てしまった。まさかの栗原の緊急招集ということになるらしい。

さて試合には見事勝利。これで相手はアメリカ。先のベネズエラとの試合を見る限りもろいところはありそうだが底力は侮れない。
1位で勝ち上がるわけだからサンディエゴのマウンドに日の丸でも立ててやりたい気もするが成熟した大人の国のやることではないな。仮にやったとしたら日本大使館に押しかけて日の丸に火をつけたりするんだろうな。あの半島の連中は自分たちがされたらぶちきれることを平気でしかけてくる。あ、半島の根元のでっかい国もそうか。
[PR]

by kfuk | 2009-03-20 15:35 | SPORTS
2009年 03月 19日

The Forbidden Kingdom

ジャッキー・チェンとジェット・リーが競演するということだけで鳥肌もの。

二人が出会っていきなり対決が始まる。酔拳対螳螂拳、この戦いが見れただけでもう十分。

ストーリーはどうということはない。
西洋人がカンフーするの違和感を持ってしまうのは仕方ないか。
冒頭の孫悟空がジェット・リーというのは明らかで、そうすると終盤の展開も読めるというもの。一方ジャッキーの特殊メイクのほうは最後の最後までわからなかった。

エンドロールにNGテイク入れて欲しかったなあ。

ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-03-19 21:05 | MOVIE
2009年 03月 19日

Dark Knight

マーベル映画の肝は敵役に尽きると言ってきた中で最高最凶の敵が現れた。

<ネタバレ注意報>
「Batman Begins」の続編である本作ではバットマンの最大の敵ジョーカーが登場する。演じるのは公開前になくなったことで話題にもなったヒース・レジャー。シリーズとして90年代バットマンと比べるとリアリティーと暗い部分にも目を向けているだけあって、ジャック・ニコルソンのジョーカーとは異なるキャラクターとなっている。ジャック・ニコルソンのジョーカーも個人的には好きで、味付けでこうも変わるものかと対照的なキャラクターが描かれている。もう一人の悪役トゥーフェイス、「Batman Returns」ではトミー・リー・ジョーンズが演じていてこれも好きだったのだがこちらもまたまったく違うように描かれている。

90年代バットマンがヒーローものとして描かれたのに対して、21世紀バットマンはまさに闇の騎士ということでこのタイトルになったのだろう。

ダークナイト 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-03-19 20:44 | MOVIE
2009年 03月 16日

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

「用心棒」と「荒野の用心棒」を混ぜてタランティーノ風に日本人が作ったらこうなったか。

佐藤浩市はこういった悪役のときのほうがインパクトは強いな。
木村佳乃がえらく色っぽい。

後はいかにもタランティーノ映画っぽい。タランティーノは出演してるだけで政策に関わっていないのかもしれないがそんな感じ。
別にタランティーノ映画は嫌いじゃなくて、初期の作品は一時期集中してみたこともあった。
この映画はタランティーノではなかったな。

まあ西部劇らしくきれいにまとめたなって感じ。

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

スコア:


[PR]

by kfuk | 2009-03-16 12:50 | MOVIE
2009年 03月 16日

WBC二次ラウンド初戦vsキューバ

Excite エキサイト : <WBC>日本快勝 キューバに6―0
2時間ほど寝ただけでプレイボールから見てしまった。
キューバのピッチャーは確かに速く、けん制球も速かった。あわや3アウトともけん制とか珍しいものが見れるかと思ったほど。
球数投げさせて、フォアボール選んでと日本の対応が万全だった。3回で40球超えたんだったかな。

中継ぎ以降に対しては手堅く加点していった。

日本投手陣は松坂は安定していたし、中継ぎも万全。藤川だけが俺の目には不安に感じた。

打つほうではイチローと福留が心配だ。
[PR]

by kfuk | 2009-03-16 09:32 | SPORTS