無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 16日

隠し剣 鬼の爪

原作藤沢周平、監督山田洋次による時代劇。

時は幕末、東北の小さな藩。幕末といえば先週見た「長州ファイブ」と重なるがまったく異なる、逆と言っても過言ではない人々の話。
小さな藩にも西洋の軍隊様式を取り入れようとする流れがあり、平侍たちもその訓練に励む日々。
永瀬正敏演じるのは平侍片桐。うだつのあがらない貧しい生活をしているが、実は剣の達人であり、父親が責任を取り切腹しているという過去を持つ。貧しい生活の中にも家族と奉公人たち、妹婿で足親友の島田、らと明るく暮らしていた。やがて一人で暮らしていた片桐が冬のある日、奉公人だったきえと出会う。
松たか子演じるきえは素敵な女性でその不幸っぷりがまさにドラマのヒロイン。

きえを取り戻し再び明るい生活が始まったとき、江戸へ出ていたかつての同門で親友であった狭間が謀反で捕らえられる。どうやら攘夷派となり辻斬りなどしていたようだ。その点については多くは語られない。片桐や島田らにはそれはどうでもいいことのなのだろう。

緒方拳演じる見事な悪代官に命じられ片桐が、脱獄し立てこもる狭間を討伐に向かう。狭間の妻もきえとは違う形で主人に尽くす。師匠に秘策を授けられ対決に赴くことになる。
そしてついに一瞬閃く秘剣鬼の爪。
最後はそれなりに良い結末となった。

隠し剣 鬼の爪
/ 松竹ホームビデオ
ISBN : B000YDBVGK
スコア選択: ※※※
[PR]

by kfuk | 2008-06-16 13:09 | MOVIE