無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 21日

SUBARU BRZ, TOYOTA 86

近所のスバルにBRZのナンバー付きがとまっていったのでちょっと行ってみた。
試乗はできなかったが座ったりエンジンかけたりはできた。一応4席だが、ほんとに一応って感じだな、とても大人4人は乗れそうにない。トランクも浅かった。全長は思ったよりずいぶん短く感じた。
座った感じもかなり深く沈み込む感じで、いかにもスポーツカーらしく、売りである低重心化を強く感じさせるものであるようだった。しかし展示車はATでパドルシフトだった。
外観ではマフラーはでかく見せかけてるな。フロントフェンダーにエアアウトレットダクトに見えるのだがダミーだった。そしてリアライトの形が好きじゃない。

夕方にレッドバロンに中古のバイクを見に行ったついでにネッツトヨタに行ってみたら、なんと試乗車がMT車であり少し待てば試乗させてくれるとのこと。予約もなしにこんなにあっさりと試乗できるものなのか。ほんとに売れてんのか。
試乗車は上級グレードのGTで、色は赤、ナンバーは86だった。
まずクラッチが軽い。8の後期型RSの時も軽いと感じたが、それ以上に軽い。踏み幅は結構深く、ミートポイントも深いところにあった。
シフトはカチっカチっと決まる。
ブレーキ、ハンドルはいたって自然。特にクイックとか言った感じではない。
エンジンは少し回してやると途中から勇ましい音が出る。しかしボクサーエンジンのドロドロとした音ではあるものの、レガシーやインプで感じるほどには感じなかった。
マルチディスプレイに平均燃費と瞬間燃費も表示できるのだが、試乗車の平均燃費は9.2 km/Lだった。試乗車でありMTであるから、慣れれば多少は良くなるのかもしれないが、最新の車でこれでいいんだろうか。まあ8よりははるかにいいわけだが。

2LNA、FR、2ドアクーペということで、オープン、2席ではあるもののライバルはマツダロードスターぐらいかな。ともに少し変わったエンジンでクローズで4席ということなら8もライバルになりうる。つまり8とロードスターの間ぐらいかな。

見所のある車ではあるな。しかし売れるかなあ。

f0190009_20571780.jpg
トヨタでは試乗したから86のキーホルダーと洗濯洗剤をもらった。
[PR]

by kfuk | 2012-04-21 20:57 | DIARY


<< バイク選び ~前編      XZ-1 蔵出し〜大阪披露宴 >>