2011年 05月 09日

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、序盤は仕事して、中盤、バーベキューに参加したり、あちこち買い物行ったり、家の片づけをしたりのんびりできた。終盤、つまりこの週末があわただしかった。

土曜日は西条にバスケしに行った。月末に行われるトーナメントでの新ルールの一部適用に向けての審判講習会向けの模擬選に出させてもらえるということだったので昼過ぎに着けばいいぐらいだったので余裕をもって行けた。途中でオイルのインジケーターが一度点灯したので西条のマツダでオイル交換できるぐらい余裕で着いてしまった。

審判講習会にでるわけではないが遠くから説明を聞いてた。主な変更点は24秒ルールの変更だろう。フロントコートでのスローインシチュエーションで14秒以上の場合は継続。14秒以下の場合は14秒に戻す。あとはバックパスの細かいとことか、スローインからのタイマーの開始の変更などなど。3Pラインやペイントエリア、ノーチャージセミサークルなどコートのデザイン変更を必要とするルール変更は当分対応できないようだ。

でゲームは当初聞いていたのと違って、我々チームは4人しかおらず、結局混成チームになった。2試合とも負けはしたが、模擬戦だし勝ち負けは重要でないし、楽しかったからよかった。

晩飯は石田とよりみちに行った。高知でも広島風のお好み焼き食べることあるがやっぱりよりみちがうまい。

その日のうちのしまなみ海道で松山に移動し、道後温泉で一泊。
翌朝、カープファンではないが野球が見たいというので誘っておいた連中と合流し坊ちゃんスタジアムでのヤクルト対カープ首位攻防戦を見に行った。

天気良過ぎて暑かった。三塁側は正面から日が当たる。屋根のある最上部に逃げた。内野でよかった。

先発はここまでいまいちのマエケン。ランナーは出すが要所で三振を奪うなど粘りのピッチングで6回1失点。決して調子はよさそうではなかった。一方打線は序盤に3点を挙げるところまではよかったが、ヤクルト先発の増渕が尻上がりに調子を上げてきて追加点が取れそうにない。そして7回の攻撃先頭のマエケンのところで代打石井琢朗。えーっていうのと歓声と同程度のように感じた。結果、中継ぎが追いつかれ引き分け。それもワイルドピッチによる同点、ノーアウト満塁で1点も取れないというから勝ちを逃したと言ったところか。まあ松山での首位攻防戦1勝1分けと思えばいいのか。

大急ぎで帰ってバスケの練習。前日の2試合分の疲労は当然残っていて、全然走れなかった。途中から20人超えたからAコート、Bコートに分けてからはずっとBコートでやらせてもらった。練習後ガストに行って0時過ぎまでしゃべってしまった。おかげで今日はしんどい。
[PR]

by kfuk | 2011-05-09 12:03 | DIARY


<< Angels & Demons      ジーン・ワルツ >>