2009年 08月 29日

衆院選投票日前日私見@広島4区

Excite エキサイト : <衆院選>30日投開票 「政権交代」「公約対決」に審判

明日は衆議院議員総選挙投票日。
夕方ぐらいに投票に行こうと思っているがまだ多少迷っている。

広島4区は現職で自民の中川直秀氏、民主の空本氏、幸福実現党の沖氏の3人が立候補。
幸福実現党は出てきただけ偉いと思う。自民対民主、1対1の構図は健全ではないので出てくれたこと自体は評価するが、公明党だけでもおかしいと思っているのにこれ以上宗教団体が政治に絡んでくるのはやめて欲しいので投票することは無い。

おそらく中川氏と空本氏の一騎打ち。自民党内でも有力であり全国的にも知名度の高い中川氏の磐石かとも思えるが、自民への逆風で、空本氏の逆転の可能性もと某週刊誌にあったらしい。
実際難しいところで中川氏は自民党の中では半麻生の旗手のようなもので、彼が当選したほうが国政への影響力が、失礼ながら空本氏よりは大いにあると思う。しかし気持ちとしては今回1回ぐらい自民党に政権与党の座から降りてもらいたいという気持ちが優勢ではある。
例えば大騒ぎだった定額給付金が果たしてどれだけ各方面に効果があったのか庶民にはさっぱり伝わってこない。高速道路料金の1000円化もCO2排出量削減とまったくもって矛盾しているように感じる。エコポイントやエコカー減税と同様に業界団体との癒着の構造と取れなくも無い。

もちろん民主党のマニュフェストを全面的に支持するわけではない。財源面でのネガティブキャンペーンを受けているようだが、野党なんだからやったこと無いんだしわかんなくって当然、やれるとこまでやってみろって一回やらせてみようって気にはなる。現政権のままで良くなるって保証もないわけだし。

国防とか安全保障とか憲法改正とか地方分権とかメディアにあまり大きく取り上げられない部分も気になるところだが、まずは目の前の1票をどうしようか悩む。
中川氏に期待するのか、民主に一旦政権をとらせるのか、たかが一票ではあるが大いに悩むなぁ。
[PR]

by kfuk | 2009-08-29 13:25 | DIARY


<< GATTACA      RX-8 night face >>