無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 30日

TOYOTA スターレット turbo S

次の車の入手にあたって少しだけ躊躇したのはマニュアル(MT)だということ。MTの車初めてではないので不安というほどのことは無いがちょっとだけめんどくさいかなぁって思いがする。最後にMT乗ったのはT田のセリカでその前だともうとしくんのサイノスってことになるかもしれない。

自分の車でMTだったのが2代目の車。アスティナでの事故責任は1:9となり相手の保険からアスティナ購入額の9割が戻ってきた。その額で買える車で特に好みに合わないもの以外で決めたのがTOYOTA スターレット turboS、EP-71最終型、平成元年式。1300cc+ターボ過給で110馬力を発生、740kg程度の車両重量には強烈でタイヤを太くしていても上りだと3速ですら乱暴にアクセル踏むとホイルスピンしてた。

当時自動車部の部車としても82のGTもだが71もまだまだ何台かあって、部活のときは自動車部と同じ駐車場だったので並べるのが楽しかったりもしたし自動車部の友達から乗り方なども教えてもらったりもした。
小排気量にでかいシングルタービンだから当然どっかんターボ。踏めば曲がらないが抜けばタックインは急でクイッと回る。これが楽しかった。

この車同年式のアスティナと比べても内装や快適装備においては大幅に劣っていた。窓は手動だし110km/h超えたらキンコンキンコン鳴るし。それでも何より運転するのが楽しかった。ただし写真の1枚も残ってないし、旧ブログでもこの車については語ったことは無かったはず。なんせもう時効だろうが、夜に走りに行ってた。今もそうかはわからないが某海岸沿いに常に片側通行の道があってそこをロードスターやMR-2、カプチーノといった小型車でよーいドンの追いかけっこしてた。もちろん法定速度内、当然ねw。結局追いかけっこの最中にタックインでハーフスピンになり内側の土手に突っ込んでしまい前方側面にダメージを負ってしまった。フェンダー叩いたり、バンパーを補修して乗り続けはしたが車検を前にものすごく名残惜しくはあったが手放すことにした。

そして3台目へ。うーん3台目については大して語るべき思い出もないな。
[PR]

by kfuk | 2009-07-30 11:54 | DIARY


<< 水曜どうでしょうDVD第4弾      MAZDA FAMILIA A... >>