無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 29日

MAZDA FAMILIA ASTINA

今の車がすでに限界を迎えつつあるところに条件のいい話が舞い込んできたので、盆明けにでも車を換えようかという話を一部の人にはしていたが、いよいよ具体的に話がまとまりつつある。

久しぶりのマツダ車。久しぶりというのも、初めての自分の車がマツダ車だったわけで、今日はその車について思いで話でもしてみようかと。

18の夏に自動車学校に通いつめて秋には免許を取り、冬休み、春休みと朝から晩まで塾講師バイトをし、翌年の夏休みも同じく塾講師をするにあたり、夏講習のバイト代を親に前借して初めての車を買い塾に通った。

そういえば同時期、自動車部の友達から部車のAE92レビンが譲ってもらえるという話があったが、ATをMTに乗せ換えてる車ということで不安があったので断ったのを思い出した。

結果的に初めて買った車がマツダファミリアアスティナ。同型姉妹車がユーノス100。1500cc、AT、平成元年式、ガンメタ、走行距離は覚えてない。部活の先輩が白のアスティナに乗っていたのでレア車なのにかぶるのでちょっと躊躇したがこれにした。
リトラクタブルライトでクーペらしいボディながら4ドアというかわったボディで4ドアクーペとも言われたらしい。マツダではランティスクーペやRX-8につながる系譜の元祖のようなものか。
もともとリトラクタブルの車が好きではあったがアスティナのことは知らなかった。思い起こしてみると高校の部活の顧問がアスティナだった。

初めての車ということで自宅前や道場周辺でよく洗車してたし、初めて壁でこすってしまったことも覚えている。
どっかに行った思い出としては秋休みにスペースワールドに行ったぐらいかな。

そして忘れもしない創立記念日、部活の後バッティングセンターに行こうとして信号の無い交差点で横から飛び出してきた車の側面に突っ込んでしまった。

f0190009_15423496.jpg


約4ヶ月しか乗らなかったわけだが、次の車を手に入れるまで2ヶ月ほど間があってその期間の自転車がつらかった。

次の車についても近日書いてみようかね。
[PR]

by kfuk | 2009-07-29 16:01 | DIARY


<< TOYOTA スターレット t...      日蝕 >>