無意識と意識の狭間リターンズ

kfuk15.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 27日

せいろ蕎麦ちく満

野球観戦後は岸和田のやくモンさんちに泊めていただいた。

その前に大阪ドームからの帰宅ルートが2つしかないのはきつい。地下鉄かJRの駅の2箇所に向かってほとんどの客が向かう。旧になってしまうが広島市民球場はあの立地条件なのでバスセンターや原爆ドーム前の電停も混むが、歩いて本通りの方に向かったり散り散りになるのであそこまで混雑することはない。新球場はどうなるか。やはりほとんどの人が広島駅に向かうことになって、その道は混雑するのかな。

今回の目的地は堺市。南海でやくモンさんちの最寄り駅となんばのほぼ中間。
用事を済ませ帰る前にやくモンさんに進められた蕎麦を食べに行ってみた。

堺市宿院の老舗の蕎麦屋で茹でずに蒸篭で蒸してたものらしい。
結構広い駐車場は車がいっぱいで、その奥の暖簾をくぐったらちょっと薄暗い趣のある建物。2階に通されてメニューは飲み物以外は蕎麦の量だけ。1斤、1斤半、2斤から選ぶのみ。この辺達磨と似てる。1斤半を注文ししばらく待つと蒸篭に入った蕎麦と生卵、熱々の徳利に入った出汁と薬味の小皿が出される。
f0190009_18232692.jpg


前もって聞いていたし自分でも調べていたで戸惑いはない。生卵に熱々の出汁を加え混ぜたところに熱々蕎麦を入れて食べる。食感は正直腰がなく茹ですぎた蕎麦のよう。ただ茹でたのではなく蒸してあるので、おそらくは茹でる際に水溶性のうまみ成分などが抜けることはないのだろう。
個人的に生卵が苦手なので不安もあったのだが、濃い目の出汁を入れることでいやではなかった。最後蕎麦湯でももう生卵はあまり残っていなかったので飲み干すことができた。
[PR]

by kfuk | 2009-02-27 18:29 | DIARY


<< チーム・バチスタの栄光      WBC日本代表vsオーストラリ... >>